たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

兄畑駅【花輪線】

場所
> 八幡平市
兄畑駅【花輪線】

八幡平山麓の小駅で出合った名もなき桜並木

山あいの温泉につかろうと、北東北の玄関口、盛岡駅から花輪線に乗り込んだ。愛称は「十和田八幡平四季彩(とわだはちまんたいしきさい)ライン」。四季折々の風景が魅力的な路線だ。

岩手山、八幡平、安比(あっぴ)高原の雄大な景色を眺めながら、谷間へと進んでいく。小さな駅を彩る桜並木が目に留まり、ふと降り立った。

下車した兄畑(あにはた)駅は、黒い板塀に三角屋根の小さくてかわいらしい駅舎だった。駅前からは県境を成す高畠山を望む。駅舎の背後に連なる桜並木はかつてのホーム跡の脇に続く。駅前ではヒメオドリコソウの群落が紫色の花を咲かせ、まさに春爛漫(はるらんまん)の様相だ。

思いがけず出合ったローカル駅で東北の遅い春を満喫し、隣駅の湯瀬温泉を目指して兄畑駅をあとにした。

文・写真/越信行


花輪線は1931年に全線開通、兄畑駅は同年開業。兄畑駅へは盛岡駅からIGRいわて銀河鉄道経由花輪線普通列車で1時間40分

(出典 「旅行読売」2015年4月号)

(ウェブ掲載 2019年11月1日)


Writer

越信行 さん

神奈川県生まれ。全国の駅を撮り歩く駅旅写真家。月刊旅行読売で「駅舎のある風景」を連載中。著書に「生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選」(山と溪谷社)など