たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

「WEST EXPRESS銀河」運行

場所
「WEST EXPRESS銀河」運行

瑠璃紺色の外観

京都・大阪-出雲市駅間で運行

JR西日本は、京都・大阪駅と出雲市駅(島根県)を結ぶ新たな長距離列車「WEST EXPRESS銀河」を運行する(運行開始日は未定、専用サイトを参照)。

9月までは、京都・大阪-出雲市駅で夜行列車として運行(京都駅発2115分、出雲市駅着翌9時31分。出雲市駅発16時、大阪駅着翌6時12分)。10月以降は大阪-下関駅の昼行列車となる。

6両編成で、多様化する旅のスタイルに合わせ複数タイプの座席を設けている。1号車と6号車はグリーン車で、1号車は航空機のファーストクラスをイメージし、6号車は個室タイプだ。

2・3・5号車は普通車。2号車は女性専用座席でリクライニングシートとノビノビ座席。3号車はリクライニングシートのほかコンパートメントもある。5号車はノビノビ座席のみで、2席は車いす対応。4号車は客席のないフリースペースとなっている。

1号車はボックスシートが向かい合わせで、夜行時にはベッド状に替わる
1号車はボックスシートが向かい合わせで、夜行時にはベッド状に替わる

<問い合わせ>

WEST EXPRESS 銀河」専用サイト

https://www.jr-odekake.net/railroad/westexginga/

 (出典「旅行読売」2020年6月号)

(ウェブ掲載 2020年5月25日)

Writer

天野久樹 さん

1961年、秋田市生まれ。過去に全国紙の運動部記者として、大相撲やモータースポーツ、アマチュア野球などを取材。現在は月刊「旅行読売」で、特集面の取材や全国観光ニュース情報などを担当している。イタリアの国立大学(ペルージャ外国人大学イタリア語・イタリア文化プロモーション学科)を卒業したキャリアを活かし、イタリア語の翻訳も行っており、訳書に「アイルトン・セナ 確信犯」(三栄書房)がある。