たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

こんにゃくパークに運玉神社

場所
> 甘楽町
こんにゃくパークに運玉神社

御利益は“強運”という運玉神社

疫病退散や幸せ祈願

コンニャクの魅力を体感できる「こんにゃくパーク」(群馬・甘楽町)に、運玉神社が完成した。

栽培が難しいコンニャクイモは、かつて運次第の収穫から“運玉”と呼ばれていた。そんなコンニャクイモを祀り、疫病退散や農家の幸せなどを祈る目的で建立。コンニャクイモの花にちなみ、社や鳥居は鮮やかなピンク色だ。

同パーク内では工場見学、手作り体験のほか、コンニャクを使ったバイキング料理(現在、一部のみ)も無料で味わえる。

<問い合わせ>

こんにゃくパーク

☏0274・60・4100

(出典「旅行読売」2020年10月号)

(ウェブ掲載 2020年8月27日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。