たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

絶景ダムを巡りダムカード収集(2)

場所
> みなかみ町 中之条町 長野原町
絶景ダムを巡りダムカード収集(2)

ダム下に公園があり憩いの場として人気を高める四万川ダム(写真/中之条土木事務所)

ダムにサユリスト集まる⁉

群馬県の絶景ダムを巡り、ダムカードを集めるドライブに出かけた2日目。向かった四万川ダムは四万温泉街の奥にあった。平日ながら、奥四万湖を背景に天端で記念撮影する観光客は多かった。

「CM撮影で女優の吉永小百合さんがお越しになり、注目されるようになりました」と中之条土木事務所の職員。これまでダムはメジャーな名所ではなく、このCMをきっかけに身近に感じてもらえてうれしいという。

“四万ブルー”と呼ばれるコバルトブルー色の湖面は美しく、ダム直下に近付けるのも魅力だ。温泉街にある四万清流の湯で立ち寄り湯を楽しんでから、次の八ッ場ダムへ向かうことにした。

四万清流の湯では、11月中旬まで紅葉を眺めながら湯浴みを楽しめる(写真/四万温泉協会)
四万清流の湯では、11月中旬まで紅葉を眺めながら湯浴みを楽しめる(写真/四万温泉協会)
ボートやカヌーを楽しめる四万川ダムのダム湖は一周4.5㌔。途中に展望台も点在している
ボートやカヌーを楽しめる四万川ダムのダム湖は一周4.5㌔。途中に展望台も点在している
四万川ダムのダムカード
四万川ダムのダムカード

水温を調整して放流

吾妻線と並走する国道145号を西へ走り、吾妻峡の先に3月に完成した八ッ場ダムはあった。資料館は11月1日オープン予定で、ダムの歴史や構造などを紹介。

このダムの役割は多く、下流域に広がる吾妻峡の景観保全もその一つ。そのためダム湖からダムに水を取り込む設備が特徴で、取水管が29段に分かれている。ここまで細かい方式は国内最大という。

「ダム湖の表面と底では水温に約20度の差があり、29段あることでどの層から取水するか選べるんです。下流域の水温にあわせ調節しています」と利根川ダム統合管理事務所の塩谷浩さんが教えてくれた。

八ッ場ダムに併設の「なるほど!やんば資料館」
八ッ場ダムに併設の「なるほど!やんば資料館」

道の駅でオリジナルカードも

見学後、道の駅八ッ場ふるさと館へも立ち寄りたい。農産物はもちろん、工房で焼くパンが魅力の道の駅だ。八ッ場ダムカレーぱんが人気で、14種のスパイスを使った本格派だ。“八ッ場ふるさと館”とロゴ入りの商品を買うと、オリジナルダムカードをもらえるのもうれしい。

今回七つのダムを巡り、その違いに驚かされ、気が付けばダムのとりこ。ダムカードを見ながら、「今度はどんなダムに出合えるか」と、次のダム旅を考えていた。

道の駅八ッ場ふるさと館で人気の八ツ場ダムカレーぱん。チーズをダムにみたて、カレーとポテトサラダが入っている
道の駅八ッ場ふるさと館で人気の八ツ場ダムカレーぱん。チーズをダムにみたて、カレーとポテトサラダが入っている
道の駅八ッ場ふるさと館のダムカード
道の駅八ッ場ふるさと館のダムカード

(出典「旅行読売」2020年11月号)

(ウェブ掲載2020年11月3日)

群馬県 関連ツアーはこちらから。

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。

Related stories

関連記事

Related tours

関連ツアー