たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

伊勢市駅【参宮線】

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 三重県
> 伊勢市
伊勢市駅【参宮線】

式年遷宮に合わせて建てられた鳥居をくぐって

名古屋駅から快速に乗り、伊勢神宮外宮(豊受大神宮)へ通じる伊勢市駅を目指した。

伊勢市駅には近鉄山田線も乗り入れるが、JR線側にあり外宮参道にも近いのが伊勢市駅南口駅舎。白い壁が目映い建物は、2013年の式年遷宮(20年に1度、境内の社殿を建て替え、新宮に神体を移す祭典・行事)に合わせて改装された。

駅舎を出るとすぐに高さ約5.3㍍、幅約4.5㍍の鳥居が目に飛び込んできた。こちらも式年遷宮を機に、地元商工会議所が中心となって寄付を募って建てたもの。伊勢神宮が管理する林から切り出されたヒノキが使われている。

駅前から神々しい空気を感じながら参道を進むと、ほどなく伊勢神宮外宮の鳥居が見えてきた。

正宮で参拝を済ませ、駅へ戻る。にぎわいを見せる参道を歩きながら、一足早く正月気分に浸った。

文・写真/越信行


参宮線は1911年に全線開通、伊勢市駅は1897年開業。伊勢市駅へは名古屋駅から快速みえで1時間40分

(出典 「旅行読売」2015年2月号)

(ウェブ掲載 2019年11月1日)

Writer

越信行 さん

神奈川県生まれ。全国の駅を撮り歩く駅旅写真家。月刊旅行読売で「駅舎のある風景」を連載中。著書に「生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選」(山と溪谷社)など