たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

メロンに特化したアンテナショップ併設の青森県つがる市東京事務所初代所長・清野幸喜さん

場所
> つがる市
メロンに特化したアンテナショップ併設の青森県つがる市東京事務所初代所長・清野幸喜さん

神楽坂にアンテナショップをオープン

青森県つがる市は2019年4月、東京新宿区の神楽坂に東京事務所を開設した。その初代所長に就任したのが、清野幸喜さんだ。開設の目的は、同市の人口減少対策として企業誘致と新規就農移住者の開拓を行うこと。清野さんは「そのためには、まずはつがる市自体の知名度をアップさせないと」と意気込む。

「果房 メロンとロマン」の1階

メロンに特化し、知名度向上を狙う

清野さんは「東京にはすでに多くの自治体がアンテナショップを出している。後発組で、知名度も低いつがる市としては、特徴を出す必要があった」と、メロンを強調した理由を説明する。そして、「おかげで、店やつがる市の名前が知られるようになった。神楽坂界隈では、メロン屋さんと呼ばれています」と続けた。

メロンを使ったキーマカレー

新たにキーマカレーも提供

これまで、店ではメロンを使ったスイーツを提供してきたが、1月中旬からは初めて本格的に食事の提供も始めた。「キーマカレーの提供を始めました。もちろん、メロンを使ったカレーです」。メロン作戦にぶれはないようだ。

1月22日には、来店者1万人を達成するなどなかなかの人気ぶりだ。

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。