たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

高岡・瑞龍寺で「龍の御朱印」頒布

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 富山県
> 高岡市
高岡・瑞龍寺で「龍の御朱印」頒布

龍の御朱印

縁起の良い「青龍」の絵柄

富山県高岡市にある名刹「瑞龍寺」で、新しく「龍の御朱印」が登場し頒布が始まった。

同寺は加賀藩2代藩主・前田利長公の菩提寺で、3代藩主・利常公により建立された。加賀藩120万石の財力を象徴するような規模で、当時の寺域は約3万6000坪もあり、周囲には濠を巡らして城郭を思わせる雰囲気を漂わせていた。現在、山門、仏殿、法堂が富山県内で唯一の国宝で、総門、禅堂、高廊下、回廊、大茶堂が重要文化財に指定されている。

今回登場した「龍の御朱印」は、寺名にも入っている“龍”にちなんで、住職自らが考案したもの。縁起の良い青龍の絵柄を背景に、本尊である「釈迦如来」の墨字が書かれている。通常は東司(トイレ)の神様「烏枢沙摩明王」や、韋駄天にちなんだ御朱印もある。

(文/松田秀雄)

<施設データ>

瑞龍寺       

TEL0766-22-0179

http://www.zuiryuji.jp/

(ウェブ掲載 2020年2月21日)

富山県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/hokuriku/toyama/

通常の御朱印
通常の御朱印
烏枢沙摩明王の御朱印
烏枢沙摩明王の御朱印
韋駄天の御朱印
韋駄天の御朱印

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。