たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

吉永小百合さん、神秘的な湖へ!

場所
> 中之条町
吉永小百合さん、神秘的な湖へ!

※新型コロナウイルスの影響、感染拡大防止のため、ダムエレベーターの特別開放は中止となりました。また「四万温泉ダムぐるりんバス」も411日(土)から運行が取りやめとなりました。

3月下旬~5月中旬が最高!

JR東日本の駅などに掲出されている女優・吉永小百合さんのポスターが話題を集めている。「大人の休日倶楽部」のPRポスターで、神秘的なコバルトブルーの湖を背景にして吉永さんが映っている。さて、場所はどこだろう?

群馬県中之条町の山間に湧く四万(しま)温泉街を貫く、四万川上流部に広がる奥四万湖。水力発電を目的に建造された四万川ダムの人造湖だ。新緑、紅葉、雪景色と季節ごとに表情を変える名所で、周囲約4㎞。酸性の強い湖水のため魚が棲むことはなく、逆にこの酸性水に多く含まれるイオン成分により美しいコバルトブルーを見せてくれる。

特にその美しさが際立つのは雪解け水が流れ込む3月下旬~5月中旬といわれ、それも気温の低い晴天の時。山越しに陽が差し込み湖面を照らす午前中がベストで、青く輝くような美しさから“四万ブルー”と賞されている。

4月中旬からはカヌー体験も楽しめる奥四万湖
4月中旬からはカヌー体験も楽しめる奥四万湖

ダムエレベーター特別開放

2020年4月からの群馬DC(デスティネーションキャンペーン)の実施にあわせ、41日~630日にダムエレベーターを特別開放する。

通常は職員が点検などで使用するダム内部の管理用エレベーターで、一般の利用はできない。堤高89.5㍍あり、群馬県が運営するダムとしては県内でもっとも高さがある。そんなダムサイト(堰堤)へ、約80㍍下に広がる日向見公園から一気に上がることができる。時間は10時~15時で、利用は無料だ。

期間限定でダム施設内へ
期間限定でダム施設内へ
春は桜に彩られる日向見公園
春は桜に彩られる日向見公園

循環バスで温泉も満喫

期間中の週末など、奥四万湖をぐるりと巡る「四万温泉ダムぐるりんバス」も運行される。11回の乗車は100円だ。

あわせて、温泉街と奥四万湖を循環する「四万温泉ぐるりんバス」も、期間中は毎日運行される。平日は9本、土・日曜、祝日は18本の運行で、11回の乗車が100円。温泉街には共同湯が点在し、立ち寄り入浴できる温泉旅館も多い。ダムや湖見学とあわせて、のんびりと温泉を楽しんでほしい。

文/松田秀雄

四万温泉街で共同湯巡りも楽しみ
四万温泉街で共同湯巡りも楽しみ
四万川の畔にある足湯もおすすめ
四万川の畔にある足湯もおすすめ

<問い合わせ>

四万温泉協会

TEL0279-64-2321

https://nakanojo-kanko.jp/shima/

 (ウェブ掲載 2020年3月26日作成)

  

群馬県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/kanto/gunma/

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。