たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

たびよみ目線 プールや跳び箱で泳ぐ魚たち

場所
> 室戸市
たびよみ目線 プールや跳び箱で泳ぐ魚たち

廃校を利用し、水族館に

悠々と泳ぐウミガメやサメ、そして多種多様な魚。水族館だというのに、この水槽は横から観察することはできず、上から眺められるだけ。水槽の正体は、25㍍屋外プールだからだ。

ここは高知県室戸市の「むろと廃校水族館」。廃校になった小学校を活用し、2018年4月26日にオープンした。開館から2年もたたないのに、今年1月4日には累計入場者が30万人を突破したというから、なかなかの人気ぶりだ。

跳び箱水槽で泳ぐ魚

手洗い場も水槽に

プールだけでなく、手洗い場がそのまま水槽になっていたり、跳び箱に水槽が埋め込まれていたり……。そんなユニークな環境の中で約70種、1000匹以上の魚類が飼育されている。

館内は「昔の小学校」そのもので、懐かしさを求めて来る人も多い。

インフォメーション

廃校になった室戸市立椎名小学校を改修、整備した水族館。地元漁師から多くの魚の提供を受けていて、展示する魚種は頻繁に入れ替わる。入館料は高校生以上600円、小・中学生300円。無休/登校・下校時間(開館時間)9時~17時(4月~9月は~18時)/☎0887220815

むろと廃校水族館は、校舎がそのまま使われている

 

高知県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/shikoku/kochi/

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。