たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

一本桜の名木と、リンゴの花々が迎える 信州やまのうち

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 長野県
> 下高井郡山ノ内町
見頃
4月中旬~5月上旬
一本桜の名木と、リンゴの花々が迎える 信州やまのうち

宇木の千歳桜

長野電鉄夜間瀬(よませ)駅から北へ2kmほどの宇木地区にある。樹齢850年と伝えられ、高さ10m、根回り6mで、長野県の天然記念物に指定されている。同地区にはほかにも一本桜の名木が4か所あり、古代桜巡りが楽しめる。見頃は4月中旬から下旬。

リンゴの花

リンゴの花

山ノ内町の名産品といえばリンゴ。4月下旬から5月上旬にかけて、山麓一帯に広がるリンゴ畑は、白くて可憐な花でいっぱいになり、フワッと爽やかな香りが漂う。

里山の花から高山植物まで。多彩な花の楽園

豊かな自然が守られているユネスコエコパーク志賀高原や、名湯・湯田中渋温泉郷で知られる長野県北部の山ノ内町。リンゴ畑が広がる田園地帯から志賀高原までの標高差は実に1900m。湿原や湖沼に咲く高山植物はもちろん、里山ではリンゴやモモの花が可憐に咲く。

意外と知られていないのが古代桜。長野電鉄夜間瀬駅から北へ2kmほどの宇木地区では、樹齢約850年のエドヒガンザクラ「千歳桜」が悠々と枝を広げ、花を咲かせる。同地区には他にも「大日庵の源平しだれ桜」をはじめ大久保、隆谷寺、区民会館のしだれ桜があり、徒歩約1時間5分で巡るコースとなっている。


やまのうちtopic1 志賀草津ルート開通

志賀草津ルート

志賀高原と群馬県草津町を結ぶ国道292号は日本の国道最高地点(2172m)があり、冬季は雪深いため通行止めになる。今年の開通は4月24日で、開通直後には、そそり立つ雪の回廊をドライブできる。最高地点、横手山からの絶景もおすすめ。


やまのうちtopic2 志賀高原ガイドトレッキング

志賀高原ガイド

6月から10月の期間中、毎日、ガイドトレッキング(1人2500円~)を開催。癒やし効果の高い森林散策や初心者向けトレッキング、上級者向け登山など、様々なコースを用意している。

問い合わせ 志賀高原ガイド組合 TEL 0269・34・2133

田ノ原湿原
ワタスゲゆれる田ノ原湿原

山ノ内町(湯田中駅)へのアクセス

電車:北陸新幹線長野駅から長野電鉄乗り換え45分

車:上信越道信州中野ICから志賀中野有料道路経由11km

観光の問い合わせ

山ノ内町観光商工課 TEL 0269・33・1107

Writer

旅行読売出版社 メディアプロモーション部 さん