たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

日本初“アイヌ”博物館が北海道に

場所
> 白老町
日本初“アイヌ”博物館が北海道に

再現された伝統家屋「チセ」(写真提供/アイヌ民族文化財団)

舞踊や演奏も披露

アイヌ文化復興の拠点となる国立施設「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が5月29日(予定)、北海道白老町にオープン。

室蘭線白老駅から徒歩10分ほどに立地。ポロト湖畔に約10㌶の敷地が広がる。昨年4月成立のアイヌ新法を受けて、かつてアイヌ民族の集落(コタン)のあった旧アイヌ民族博物館を発展させる形で国が整備。愛称の「ウポポイ」は、アイヌ語で「大勢で歌うこと」を意味している。

中核となるのは、総床面積8600平方㍍の「国立アイヌ民族博物館」。先住民族アイヌを主題にした日本初の国立博物館で、生活用具や工芸品など約700点を展示する。

国立民族共生公園には、「チセ」と呼ばれる伝統家屋を配置。体験交流ホールでは、古式舞踊や民族楽器「ムックリ」などの演奏も。

文/天野久樹

民族楽器や古式舞踊イメージ(写真提供/アイヌ民族文化財団)
民族楽器や古式舞踊イメージ(写真提供/アイヌ民族文化財団)

<施設データ>

ウポポイ

https://ainu-upopoy.jp/

 (出典 「旅行読売」2020年6月号)

(ウェブ掲載 2020年4月30日)

 

北海道関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/hokkaido/

Writer

天野久樹 さん

1961年、秋田市生まれ。過去に全国紙の運動部記者として、大相撲やモータースポーツ、アマチュア野球などを取材。現在は月刊「旅行読売」で、特集面の取材や全国観光ニュース情報などを担当している。イタリアの国立大学(ペルージャ外国人大学イタリア語・イタリア文化プロモーション学科)を卒業したキャリアを活かし、イタリア語の翻訳も行っており、訳書に「アイルトン・セナ 確信犯」(三栄書房)がある。