たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

古墳大国・群馬へ歴史トリップ

場所
> 高崎市
古墳大国・群馬へ歴史トリップ

きれいに整備された保渡田古墳群。写真手前が二子山古墳、奥が八幡塚古墳

古墳1万3000基以上

かつて群馬県には1万3000基以上の古墳があったという。まさに古墳大国だ。その中でも、前々から訪れたいと思っていたのが、高崎市にある保渡田古墳群だ。CMで見て伝わってきたスケール感を、実際に感じてみたかった。

高崎駅前から、市内循環バスぐるりん大八木線・北高先回りに乗り、井出町西バス停で降りると保渡田古墳群まで徒歩10分。古墳へ向かう前に、隣接するかみつけの里博物館で少し古墳について勉強することに。

間近で本物を見てもらおうと、ガラスケース展示が少ないかみつけの里博物館
間近で本物を見てもらおうと、ガラスケース展示が少ないかみつけの里博物館

本物の出土品が間近に

保渡田古墳群は八幡塚、二子山、薬師塚の前方後円墳3基の総称で、5世紀後半~6世紀初頭に造られた。榛名山東南麓を治めていた豪族の墓で、発掘調査をもとに整備、復元された。国指定史跡に指定されている。盗掘にあい副葬品はわずかしか出土していないが、埴輪や土器はかみつけの里博物館に保存展示されていた。

「榛名山噴火による泥流で、一帯は4㍍~6㍍も火山灰に埋もれていました。そのため遺構は風化せず、土器や埴輪が大量に残っています」と学芸員の横山千晶さんが教えてくれた。

本物の埴輪を展示するかみつけの里博物館
本物の埴輪を展示するかみつけの里博物館

6000本の埴輪が迎えてくれる

崩れた破損部分は盛り土を施し、約39万8000個の葺石を敷き詰めて復元。女優・吉永小百合さんが出演していたJR東日本のCMでは、この美しい前方後円墳の空撮映像が流れたが、吉永さんは来ていない。それでも、週末には1000人近い見学客が来るという。

八幡塚古墳に上がってみる。榛名山が間近に迫り、墳丘を取り巻くように悪霊から墓を守る6000本の埴輪が並んでいる。墳丘長96㍍の後円部に石室への入り口があった。石棺展示室へ下りると本物の舟形石棺があり、一部崩れた石棺の蓋が荒っぽい盗掘の歴史を物語っていた。

50㍍ほど離れた二子山古墳にも上がってみた。榛名山を背に横たわる八幡塚古墳の全容を見渡せる。夕暮れの優しい光に照らされ、列をなす埴輪の土色がひと際濃い。古墳の旅は想像を楽しむものと言うが、刻々と表情を変える古墳を見ていると、自分に何かを語りかけているように思えてきた。

                                       文/松田秀雄

一面の葺石に包まれた八幡塚古墳
一面の葺石に包まれた八幡塚古墳

施設データ

かみつけの里博物館

TEL027-373-8880

https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014010701664/

 (出典 「旅行読売」2020年5月号)

(ウェブ掲載 2020年5月18日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。