たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

世界最大級のミニチュアの世界

場所
> 江東区
世界最大級のミニチュアの世界

原作者・武内直子氏による指導・公認の美少女戦士セーラームーンのジオラマ(c)SMALL WORLDS

エヴァンゲリオンの世界も

最新IT技術を駆使した世界最大級の屋外型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」が、有明物流センター(東京都江東区)内に2020年6月11日にグランドオープンする予定。

入り口の「タイムトンネル」をくぐると、現実の世界からミニチュアの世界へ。関西国際空港エリアでは、40機が入れ替わりで離発着を繰り返し、約30分間隔で空港の一日を観察できる。スペースセンターエリアは、1970年代の宇宙センターと近未来のロケット発射基地に分かれ、サターン型ロケットの打ち上げの様子などを楽しめる。世界の街エリアでは、ドイツ、スイスなどをモデルに、ファンタジーあふれる架空の街を表現している。

美少女戦士セーラームーンエリアでは、1990年代の麻布十番の街をベースに、コミック1巻~4巻の街並みと、未来の世界「クリスタル・トーキョー」をリアルに再現。第3新東京市エリアでは、SFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観を堪能できる。

サターン型ロケットの打ち上げでは、発射時の噴射スモークや音も忠実に再現(c)SMALL WORLDS
サターン型ロケットの打ち上げでは、発射時の噴射スモークや音も忠実に再現(c)SMALL WORLDS

<公式ホームページ>

SMALL WORLDS TOKYO  

https://www.smallworlds.jp/

 

(出典「旅行読売」2020年6月号)

(ウェブ掲載 2020年5月25日)     

Writer

天野久樹 さん

1961年、秋田市生まれ。過去に全国紙の運動部記者として、大相撲やモータースポーツ、アマチュア野球などを取材。現在は月刊「旅行読売」で、特集面の取材や全国観光ニュース情報などを担当している。イタリアの国立大学(ペルージャ外国人大学イタリア語・イタリア文化プロモーション学科)を卒業したキャリアを活かし、イタリア語の翻訳も行っており、訳書に「アイルトン・セナ 確信犯」(三栄書房)がある。