たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

武州日野駅 【秩父鉄道】

場所
> 秩父市
武州日野駅 【秩父鉄道】

SLの汽笛が空気を揺らし、シダレザクラの枝もそよぐ

沿線の春の花を愛でようと秩父鉄道の始発羽生(はにゅう)駅へ。

3両編成の列車は温かな日差しを浴びる田園地帯を走る。大麻生(おおあそう)駅手前の桜並木を抜け、美しい荒川の流れを車窓に望むと、沿線随一の絶景ポイント親鼻鉄橋を渡って行く。秩父の市街地を抜けると終点の三峰口駅に着いた。

折り返し列車で、桜が目に留まった武州日野駅へ。木造の古い駅舎にはレトロな改札口があり、駅員さんが温かく迎えてくれた。4月上旬に大きなシダレザクラが満開を迎え、線路脇のレンギョウとともに彩りを添える。近くの弟富士山(おとふじやま)の山麓にあるカタクリ群生地では、紫色のかれんな花が春の訪れを告げていた。

秩父鉄道にはSLパレオエクスプレスも走り、鉄道ファンに人気だ。荒川の谷間に響く汽笛が、どこか懐かしく胸に響く。

文・写真/越信行

※SLパレオエクスプレスは2020年は機関車の検査のため運行しない。


秩父鉄道は1930年全線開業。武州日野駅は同年開業。武州日野駅へは東武伊勢崎線羽生駅から秩父鉄道で1時間45分、上越新幹線熊谷駅から同1時間20分

(出典 「旅行読売」2017年4月号)

(ウェブ掲載 2020年8月27日)

秩父へのツアーはこちらから。

Writer

越信行 さん

神奈川県生まれ。全国の駅を撮り歩く駅旅写真家。月刊旅行読売で「駅舎のある風景」を連載中。著書に「生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選」(山と溪谷社)など

Related stories

関連記事

Related tours

関連ツアー