たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

總持寺祖院で「ぜんのきらめき」開催

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 石川県
> 輪島市
總持寺祖院で「ぜんのきらめき」開催

山門デジタルアート

山門を彩る光のアート

石川県輪島市にある大本山總持寺祖院で、「ぜんのきらめき」が9月11日~21日(19時~21時)に行われる。

これは、同寺が2021年に開創700年を迎えることへ向けたプロジェクトの一環。昨年6月に修復工事を終えた山門をキャンバスに、色鮮やかな映像を投影するデジタルアートは壮大で美しい。白米千枚田でのイベント「あぜのきらめき」で使っているLEDペットボトルで境内を灯す「光の回廊」も注目だ。門前の町中は地元の子どもたちが作った竹灯籠で彩られ、至る所でお香も焚かれる。

光の回廊
光の回廊

和太鼓とアートの競演

特別イベントもあり、11・12・19・20・21日は山門のデジタルアートを背景に輪島和太鼓の演奏が行われる。19・20・21日には、境内で「詠讃歌お唱え」も行われる。

新型コロナウイルス感染予防のため、境内への入場条件としてマスクを着用。入場時に検温も行われ、37.5度以上ある人は入場できない。

輪島和太鼓の演奏
輪島和太鼓の演奏
詠讃歌お唱え
詠讃歌お唱え

<公式サイト>

禅の里づくり推進協議会

(ウェブ掲載 2020年9月8日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。