たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

いばらきのまんなかへ「あす旅」
茨城県央の旅~東海村編~

場所
> 東海村
いばらきのまんなかへ「あす旅」</br>茨城県央の旅~東海村編~

「茨城のお伊勢さん」として親しまれる大神宮

歴史が息づく海沿いの農村

日立市の南側に広がる東海村。白砂青松の海岸が徳川斉昭から愛され、水戸八景の一つ「村松晴嵐(むらまつのせいらん)」に定められた。その「村松晴嵐」の石碑が立つ村松地区に大神宮がある。水戸藩2代藩主・徳川光圀のときに、村松山虚空蔵(こくうぞう)堂と分かれて伊勢神宮の分霊を祀り、「茨城のお伊勢さん」と呼ばれ、多くの参拝客でにぎわう。

その大神宮に近い村松山虚空蔵堂は、弘法大師の創建と伝わる。大師がみちのく巡行の際に彫刻したという虚空蔵尊は、「日本三体虚空蔵」に数えられる。

東海村 村松山虚空蔵堂
「知恵授けの十三詣り」としても有名な村松山虚空蔵堂

サツマイモの一大生産地である東海村は、干しイモでも有名。収穫した「紅はるか」などのサツマイモを陽光と寒風の下、天日干しする自然食品で、素朴な甘さの懐かしい味わいだ。さらにナシやブドウ、イチゴなどのフルーツの産地でもある東海村。人気のイチゴ狩りは1月中旬から楽しめる。
 

東海村 ほしいも イチゴ
太平洋に臨む東海村は魚介類だけではなく、干しイモの生産やイチゴなどのフルーツの栽培も盛ん

観光の問い合わせ

東海村観光協会 TEL:029-287-0855

いばらき県央地域観光協議会 TEL:029-224-1111(事務局/水戸市観光課)

Writer

旅行読売出版社 メディアプロモーション部 さん