たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

“雪の滝”が迎える乳頭温泉郷で秘湯巡り(2)

場所
> 仙北市
“雪の滝”が迎える乳頭温泉郷で秘湯巡り(2)

雪壁に囲まれて湯浴みを楽しむ蟹場温泉の混浴露天風呂「唐子の湯」

(写真提供/秋田県観光連盟)


〝無〟になって心も真っ白に

季節を問わず人気の高い秋田県の乳頭温泉郷。素朴な雰囲気漂う自然の中に秘湯の一軒宿が点在し、心癒やされるひと時を過ごせる。

温泉郷の中で、特に隠れ湯の風情ある露天風呂が魅力なのが蟹場温泉。館内の内湯続きに露天風呂がある宿が多い中、蟹場温泉のそれは建物から外へ出て林間を50㍍ほど歩いた河畔にぽつりとある。

「2月のピーク時には積雪が6㍍近くに達し、露天風呂までの50㍍はまさに雪壁。そのため、ストーブで温めた長靴を用意しています」と女将の鬼川美佐子さん。

開湯は江戸末期で、明治初期から宿として営業。当時は農閑期の村民が集う湯治宿で、露天風呂には電気も脱衣所もなかった。懐中電灯を持って向かい、周辺の木々に衣服を下げて入浴したそうだ。

現在は本館と新館を合わせ全16室。館内に男女別の木風呂と岩風呂、それに9年前に完成した女性専用露天風呂がある。前述の露天風呂は湯治の名残で、混浴文化を受け継いでいる(女性専用時間あり)。


蟹場温泉客室(一例)

ブナ林と雪壁に囲まれて

いざ、長靴を履いて浴衣姿で露天風呂へ向かう。丹前は薄い生地ではなく、毛布のように分厚くてぬくぬく。まだ積雪のない季節のことではあったが、外気の冷え込みから湯気がもうもうと立ち上がり、ひょうたん型の露天風呂を包んでいた。

一度に30人以上は入れるだろうか。ほのかに灯る明かりが奥まで届かず、それ以上に広く感じる。周辺はブナ林。雪壁に囲まれた露天風呂そのものが実に絵になる。

湯は無色透明の単純硫黄泉で、体にまとわりつくように無数の湯の花が舞う。湯船に舞い降りた雪が、そのまま湯に溶けてゆらめいているようだ。これが滝のように雪が降る本格的なシーズンになれば、湯の中で雪と戯れるような気分は、さらに高まるだろう。


蟹場温泉の夕食一例

自然と一つ、“無”になる

夕食後に再び露天風呂につかった。先客はなく、貸し切り状態。大の字になって全身を湯に投げ出すと、ブナの木々が指さすかのような林間の夜空に星々がきらめく。星を見て笑みが浮かんだのは、いくつの時だっただろう。岩肌を伝って注がれる源泉の音を、心地良く感じたのは初めてではないだろうか。

女将さんの、「4、5時間も露天風呂につかりながら、構想を練っていた地元のパティシエさんもいましたよ」という話が思い出された。雪のように真っ白な気持ち、無になれる空間としては最高なのかもしれない。

翌朝、女将さんが、「私、雪の匂いを感じるんです。あっ、この感じだと明日は雪が降るなって」という。秘湯に暮らしていると、そんな感性が磨かれるのだろう。自然と一つになったような女将さんがうらやましかった。

文/松田秀雄


蟹場温泉岩風呂

<施設データ>

蟹場温泉 ☎0187462021

http://www.nyuto-onsenkyo.com/ganiba.html



(出典 「旅行読売」20192月号)

(ウェブ掲載 20191023日)



Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。