たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

“豚侍”の上州沼田とんかつ街道へ

場所
> 沼田市
“豚侍”の上州沼田とんかつ街道へ

マスコットキャラクター「豚侍」 ©sinobu


とんかつを食べ比べる旅へ

群馬県沼田市から栃木県日光市へ抜ける国道120号沿いには、トンカツ提供店が軒を連ねている。地元では「上州沼田とんかつ街道」と命名し、観光客へPRしている。とんかつ料理はみそダレやおろしポン酢、2度揚げ、2種のパン粉使用など、店ごとにこだわりが異なる。


とんかつトミタ
とんかつトミタ
とんかつ金重
とんかつ金重

豚侍が活躍し地元をPR

また、マスコットキャラクター「豚侍」を起用し、オリジナルソングやLINEスタンプ、オリジナル商品なども製作している。一番人気の豚ジャーキーは、地元ブランド豚「尾瀬ドリームポーク」を使う半生タイプで、驚くほど軟らかく、上質な脂身も味わい深い。


和食処まるきち
和食処まるきち
あづま
あづま
豚ジャーキー
豚ジャーキー

温泉に絶景に魅力満載

街道の周辺には、老神温泉や吹割の滝、道の駅白沢、玉原高原、迦葉山弥勒寺など、見る、楽しむスポットがいっぱい。とんかつを味わいながら、気軽にドライブを楽しみたい。

文/松田秀雄


<問い合わせ>         

事務局代行(NUMATA NEXT)

0278-25-8115

http://ton-kaido.yurutabi-club.com/

(出典 「旅行読売」2020年2月号)          
(ウェブ掲載2020年1月15日)


Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。