たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

客室露天風呂で雪の渓谷美を独占①

場所
> 会津若松市
見頃
客室露天風呂で雪の渓谷美を独占①

客室にある露天風呂から雪化粧した大川の渓谷を一望

モノクロ映画のような風趣

綿雪が落ち始めた。漆黒の渓谷にふわふわと舞い、湯煙が一緒にたわむれている。BGMは湯口からかけ流しに注がれる源泉の湯音と、姿の見えない大川の流れの音。モノクロ映画のワンシーンを見ているかのよう。源泉の温もりが湯の表面を伝わって、身を沈めたあごの辺りをチクチクとさす。少しかき混ぜて熱を散らすと、湯煙が一段とスクリーンをにぎわせ始めた。

ここは、客室にある露天風呂。全49室から渓谷を見渡せる和風旅館「丸峰別館 川音(かわね)」の一室である。湯船はヒノキ造りで、大人2人がのびのびと足を伸ばしてつかれる。

「例年3月上旬まで、静かな雪見の季節です。一面を白銀に染めてお客様を迎えます。その後はボタ雪となり、春が近いことを感じられます」と営業企画課の門脇誠さんが教えてくれた。

露天風呂付き客室の和洋室には窓際に掘りごたつがある
露天風呂付き客室の和洋室には窓際に掘りごたつがある

好きな時に好きなだけ

雪景色を楽しむ最高の場所は、客室の露天風呂だという。2018年7月にリニューアルオープンした24室に露天風呂があり、稼働率が8割を超える人気だ。和室、洋室、和洋室の3タイプある。

客室に露天風呂があると、何をするわけでもなし、ついつい湯を求めてしまう。館内にも大浴場や露天風呂はあるが、客室で満足。足腰の弱い高齢者であれば、なおさらであろう。露天風呂付き客室を増やしたのも、そんな高齢者への配慮もあるそうだ。

15時にチェックインして18時からの夕食まで、すでに客室の露天風呂へ3回も入った。刻々と闇が迫るにつれ、繊細な色調の変化を見せる夕暮れの空と峡谷は見飽きることがない。つかりっぱなしでは湯あたりするため、出たり入ったりを繰り返す。そんな気ままが許されるのも、客室に露天風呂があるからだ。  

文/松田秀雄

客室露天で雪の渓谷美を独占②へ

夜の入浴は湯煙の白煙が一段と風情を醸す
夜の入浴は湯煙の白煙が一段と風情を醸す

<施設データ>

丸峰別館 川音

TEL0242-92-2121

https://www.marumine.co.jp/marumine/

(出典「旅行読売」2020年2月号)

(ウェブ掲載 2020年2月4日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。