たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

客室露天風呂で雪の渓谷美を独占②

場所
> 会津若松市
見頃
客室露天風呂で雪の渓谷美を独占②

客室露天風呂の一例

客室露天で優雅なひと時を

客室にある露天風呂につかりながら、のんびりと雪景色を楽しみたくて福島・芦ノ牧温泉を訪ねた。荷を解いた宿は、全49室から渓谷を見渡せる和風旅館「丸峰別館 川音」。客室にある露天風呂はヒノキ造りで、雪化粧した大川の絶景を眺めながら、夕食までに何度も入ったり出たりを繰り返し、刻一刻と変わるその渓谷美を楽しんだ。

雅な雰囲気が漂うフロントラウンジ
雅な雰囲気が漂うフロントラウンジ

料理はすべてが主役

陶板「オマール海老朴葉焼き」
陶板「オマール海老朴葉焼き」
焼肴「牛肉の紅葉焼き」
焼肴「牛肉の紅葉焼き」

料理人との会話も楽しい

食事処には10人が並べるカウンター席もあり、料理人がその場で盛り付けし、会話を挟みながらもてなしていた。女性客の一人は「雲丹・サーモンのクリーム煮」が気に入ったようで、「このクリームは、どんな食材もおいしくしてくれそう」と。同じ思いであり、タイのお造りに付けてみると洋皿をもう一品味わったかのよう。「次は何に付けてみようか」と、楽しんでしまった。

温菜「雲丹・サーモンのクリーム煮」
温菜「雲丹・サーモンのクリーム煮」
鍋「深山鍋」
鍋「深山鍋」

うれしくて「ふぅ~」

食後、大浴場「古代檜の湯」へ向かった。縁も底もすべて樹齢約500年の古代ヒノキを使う湯船で、縁からとうとうと湯があふれている。

ほかに湯客はなしと思い浴室内に響く声で「ふぅ~」と湯につかると、湯煙の奥に初老がひとり。「その気持ち、分かりますよ」と声をかけられた。迷惑をわびると、「私もさっき客室の露天風呂で、いい歳をして叫んじゃいましたよ」と。どことなくうれしそうな表情から、客室露天風呂で心地良いひと時を過ごしたであろうことが伝わってきた。

文/松田秀雄

渓谷を眺める大浴場「古代檜の湯」
渓谷を眺める大浴場「古代檜の湯」
本館にある女性用露天風呂。別館の宿泊客も利用できる
本館にある女性用露天風呂。別館の宿泊客も利用できる

<施設データ>

丸峰別館 川音

TEL0242-92-2121

https://www.marumine.co.jp/marumine/

(出典 「旅行読売」2020年2月号)

(ウェブ掲載 2020年2月4日)

ほっこりやすらぐ温泉ツアー特集はこちら                          https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/onsen/

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。