たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

世界新三大夜景 長崎稲佐山スロープカー誕生

場所
> 長崎市
世界新三大夜景 長崎稲佐山スロープカー誕生

新しく誕生したスロープカー



1000万ドルの夜景を一望

香港、モナコと並び、世界新三大夜景に認定されている長崎。長崎でも稲佐山から眺める展望は「1000万ドルの夜景」と称され、長崎港や長崎市街のきらびやかな景観を一望にできる。そんな稲佐山にこのたび、「長崎稲佐山スロープカー」が誕生した。

稲佐山中腹にある駐車場から山頂までの約800㍍を結ぶ新しい移動手段として運行を始めたもので、人気の高級車「フェラーリ」などを手掛けた工業デザイナー・奥山清行氏が率いる「KENOKUYAMADESIGN」が車両をデザイン。ガラス張りの黒を基調にしたスタイリッシュな姿が美しい。片道約8分で運行し、車内から夜景を眺めながら移動できる。

標高333メートルの山頂には展望台などがあり、晴天時の日中は雲仙や天草、五島列島まで望める。

文/松田秀雄

長崎関連ツアーはこちら                                       https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/kyushu/nagasaki/

稲佐山の山頂へ続くスロープカー
稲佐山の山頂へ続くスロープカー
スロープカーからの長崎市街の眺め
スロープカーからの長崎市街の眺め

<施設データ>

長崎稲佐山スロープカー

TEL095-829-1164(長崎市地域整備1課)

https://www.nagasaki-ropeway.jp/slope/

(ウェブ掲載 2020年2月12日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。