たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

弘前さくらまつり、「100回目」だが……

場所
> 弘前市
見頃
4月下旬
弘前さくらまつり、「100回目」だが……

新型コロナの感染予防で中止に

青森県弘前市などは3月26日、4月23日から5月6日に弘前公園で開催を予定していた「弘前さくらまつり」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染予防などが中止の理由という。

弘前さくらまつりは毎年、開催期間を通じて計200万人以上が訪れる日本有数の桜まつり。今回は、大正時代の第1回「弘前観桜会」から数えて100回目に当たるとして大々的に祝うことになっていた(第2次世界大戦の影響による中止があったため、100回目と位置付けた)。

弘前市では、弘前公園での飲食は禁止するものの、ライトアップやぼんぼりの設置は実施するという。同公園内の桜は4月10日過ぎの開花が予想されている。今年は開花が例年よりかなり早まるとみられるが、同市などでは、桜が散る時の「花吹雪」、その花びらが堀の水面を埋め尽くす「花筏(はないかだ)」を観光資源としてPRしている。

(2020年3月26日作成)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。