たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

奈良最古のしょうゆ蔵をホテルに

場所
> 田原本町
奈良最古のしょうゆ蔵をホテルに

18代目継承、しょうゆの醸造文化伝えたい

1689年創業の奈良県最古のしょうゆ蔵元「マルト醤油醸造所」(同県田原本町)は1950年頃、食糧難で原材料の確保が難しくなり、やむなく看板を下ろした。それから約70年を経て、木村浩幸さん=写真=が18代目として家業の再興を目指す。

その木村さんが、「マルト醤油を復活させるだけでなく、蔵の一部を宿泊棟として改修し、宿泊業にも進出します。それが『NIPPONIA 田原本 マルト醤油』です」と語る。しょうゆしぼりなどの体験プログラムも設ける予定で、7月頃の開業を目指している。

大学を卒業後、大阪でアパレル会社に勤務。閉業した時の17代目の祖父の死去を機に地元に戻った。父をすでになくしていたこともあり、18代目を継ぐことを決意した。

醤油醸造文化を知ることができるホテルづくりが進む

「家の中のものを整理していたら、1000点以上の古文書が出てきたんです。それらをひも解くうちに、蔵元としての我が家の歴史を深く知ることになり、醸造を再興したいと思うようになりました」

古文書で伝統製法を学びながら、試験醸造を続けている。「NIPPONIAを日本のしょうゆ醸造文化、地域としょうゆの物語を知ることができるような宿泊施設にしたい」と言葉に力を込めた。

(旅行読売2020年6月号から)

奈良県関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/kansai/nara/

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。