たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

吉永小百合さんが歩いた大室古墳群

場所
> 前橋市
吉永小百合さんが歩いた大室古墳群

吉永小百合さんが出演したJR東日本「大人の休日倶楽部」のCMで話題になった前二子古墳の石室

CMで見た古墳を訪ねて

「ここは、どこだろう?」。テレビに、女優・吉永小百合さんが登場するCMが流れた。巨大な前方後円墳の空撮をはじめ、石室の中や埴輪が並ぶ古墳を歩く様子が映っていた。

後日、群馬県にある古墳であることを知った。古墳といえば近畿地方というイメージが強かったが、かつて群馬県には1万3000基以上の古墳があったという。まさに古墳大国だ。

そのCMに魅せられた。スケールを直に感じたくて、ひとり気分任せに、舞台となった古墳を日帰りで訪ねることにした。

往時と変わらない墳丘の姿を見せる前二子古墳
往時と変わらない墳丘の姿を見せる前二子古墳

美しい墳丘の姿にビックリ

吉永さんがCMで訪れた大室古墳群は、大室公園として整備されていた。両毛線前橋駅からバスで約50分にある。

「普段は、地元の人が犬と散歩するような静かな公園です。それが放送後の週末、約500台の駐車場が埋まるほどでした」と、前橋市文化財保護課の前原豊さんが教えてくれた。

園内には、前二子、中二子、後二子、小二子の4基を始め、10基の古墳が点在している。一番大きな中二子で墳丘長は110㍍。日本一大きな大阪の仁徳天皇陵古墳(大仙陵古墳、同486㍍)と比べると3割規模にも届かないが、フタコブラクダの背のようなラインは美しく、かわいらしく思える。

小二子古墳
小二子古墳

イメージより広い石室

4基とも前方後円墳で、前二子と後二子は石室の中を見学できる。吉永さんが入った横穴式の石室は、前二子古墳だ。

最奥まで13・8㍍と長く、172㌢の自分が普通に立てるほど中が広いことに驚いた。

「盗掘はなかったようで、出土した副葬品は市内の総社歴史資料館などに保管しています」と前原さん。室内の石材がベンガラで赤く塗られているのも印象的で、当時、赤色は“魔よけ”“再生”といった意味があったそうだ。

高さ14㍍の前二子の墳丘に上がると、赤城の山々を見渡せた。整備の際に新たに盛り土をしたわけではなく、6世紀初頭に造られた姿のまま。墳丘の周囲に巡る堀は古墳を造るために土を掘り出した跡で、きれいに原形を留めている220本の埴輪が再現して並ぶ中二子の中堤も見えた。吉永さんが埴輪を見ながら歩くシーンはこの堤だ。

出土した埴輪の一部は、園内にある大室はにわ館に展示している。古墳紹介ビデオが流れ、3Dメガネをかけて見るのだが、飛び出すような埴輪の映像は大人でも夢中で見入ってしまった。

                                       文/松田秀雄

前二子古墳の石室
前二子古墳の石室
CMで吉永さんが歩いた場所で記念写真
CMで吉永さんが歩いた場所で記念写真

<施設データ>

大室公園 

TEL027-280-6511(前橋市文化財保護課)

https://www.city.maebashi.gunma.jp/bunka_sports_kanko/kanko/3/13835.html

 (出典 「旅行読売」2020年5月号)

(ウェブ掲載 2020年5月18日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。