たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ナニコレ⁉みやげ  沖縄県の巻「ゴーヤードライ(GOYA DRY)」

場所
> 名護市
ナニコレ⁉みやげ  沖縄県の巻「ゴーヤードライ(GOYA DRY)」

ホップとゴーヤー 爽やかな苦みの競演

沖縄を代表する野菜「ゴーヤー」。ゴーヤーとは、苦瓜(にがうり)のことだ。その名の通り、個性的な苦みが特徴だ。

名護市に本社を置くヘリオス酒造の創業理念は「酒はその土地でとれる作物で造る」。そこで、ゴーヤーに注目し、苦みがうまさを決める重要な要素となっている飲料“ビール”の開発に乗り出した。

2003年に商品化に成功。麦芽、ホップ、糖類にゴーヤー果汁を加えたアルコール飲料「ゴーヤードライ」(アルコール分5%)が誕生した。麦芽使用比率は25%未満のため、酒類は発泡酒に分類されている。

キャッチコピーは「苦みのタイムラグ」。グラスを傾けると、まずはホップの苦みが口に広がる。その苦みが引くと、続いてゴーヤーの爽やかな苦みが押し寄せてくることを表したものだ。

国際コンペで金賞 どんなつまみとも相性よし

単に珍しさにとどまらない。インターナショナル ビア コンペティション2011のフリー・ライトラガー部門で見事金賞に輝いた実力派でもある。

ゴクリとやれば、爽やかな喉越し。同社では「なんにでも合いますが、ラガータイプに近いので、揚げ物やピザに特によく合います」と、その味に太鼓判を押している。

取り寄せ

http://helios-shop.jp/

問い合わせと注文

0120・41・3975

(「旅行読売」2016年10月号)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。