たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

鉄印を求めてローカル線の旅 (野岩鉄道~会津鉄道~阿武隈急行) 【1】

場所
鉄印を求めてローカル線の旅 (野岩鉄道~会津鉄道~阿武隈急行) 【1】

栃木県を縦断し、南東北の福島県へ。1泊2日で3社の鉄印を集める旅を提案。 初夏の青空は澄み、車窓を彩る緑も鮮やか。ローカル線風情もたっぷり楽しめるコースだ。

モデルコース

 

浅草

⬇ 東武鬼怒川線特急2時間20分

新藤原

⬇ 野岩鉄道・会津鉄道普通1時間

会津田島

⬇ 会津鉄道快速40分

芦ノ牧温泉 (泊)

⬇ 会津鉄道・只見線普通25分

会津若松

⬇ 磐越西線快速1時間

郡山

⬇ 東北線普通50分

福島

⬇ 阿武隈急行35分

富野

⬇ 阿武隈急行35分

福島

 


首都圏から東武鉄道〜野岩鉄道〜会津鉄道を経由して福島県会津地方へ抜けるルートは、新幹線+在来線ルートに比べて料金が安く、のんびり派にはおすすめのコースだ。浅草駅から会津田島駅までの直通列車、会津鉄道のイベント列車「お座トロ展望列車」などもあり、鉄道自体も魅力たっぷり。時間を気にせず普通列車でローカル線風情を楽しむのもいい。

そんな路線に、鉄印集めの楽しみが加わった。福島県内ではせっかくなので阿武隈急行にも乗車。沿線の魅力とともに紹介しよう。

 

野岩鉄道鉄印
新藤原駅の室井広徳助役と野岩鉄道の鉄印

東武鬼怒川線新藤原駅から続く野岩鉄道は、会津高原尾瀬口駅までの30・7㌔。まずは新藤原駅で下車して鉄印帳を買い、鉄印集めのスタートだ。

沿線には風光明媚な龍王峡、谷間に湯けむりを上げる川治温泉、平家落人伝説が伝わる湯西川温泉などがあり、途中下車しながらのんびり旅を続けたい。トンネルを抜けるたびに山は深くなり、ほとんどの列車は会津鉄道の会津田島駅まで乗り入れる。

会津鉄道では会津田島駅で鉄印をもらえる。鉄印は手書きで、寺社でいただく御朱印のよう。身も心も引き締まる思いがして、鉄印集めの意欲が湧いた。

 

会津鉄道鉄印
会津田島駅の佐竹正則駅長と会津鉄道の手書き鉄印

Writer

渡辺貴由 さん

栃木県栃木市生まれ。旅行情報誌制作に30年近く携わり、全国各地を取材。現在、月刊「旅行読売」編集部副編集長。プライベートではスケジュールに従った「旅行」より、行き当たりばったりの「旅」が好き。温泉が好きだが、硫黄泉が苦手なのが玉に瑕(きず)。自宅では愛犬チワワに癒やされる日々。