たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

スペシャルインタビュー 丸山達也・島根県知事(後)

場所
スペシャルインタビュー 丸山達也・島根県知事(後)

首都圏と島根を結ぶアンテナショップに

――5月29日、新たに「日比谷しまね館」が東京・日比谷にオープンします。新しいアンテナショップに期待するところを教えて下さい。

 

丸山知事)島根県の都内のアンテナショップは、2003年に「にほんばし島根館」という名前で日本橋に開館しました。島根の旬の食材や工芸品などを販売するとともに、観光、UIターン情報の提供など、首都圏における島根の総合的な情報発信拠点として設置しました。

「日比谷しまね館」では、玉造温泉の温泉水を使った化粧品も販売

丸山知事)「日比谷しまね館」は、周辺の市街地再開発に伴って、交通の利便性が高い商業施設「日比谷シャンテ」の地下1階に移転したものです。場所が変わるということは、新しいお客様に「島根県」を知っていただくチャンスであり、これまで島根県にご縁のなかった方々への訴求力を強めていきたい。首都圏と島根のご縁を結ぶ場所になることを願っています。

(月刊「旅行読売」2020年8月号)

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。