たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ウェブで「温泉総選挙2020」を開催

ウェブで「温泉総選挙2020」を開催

前回、歴史・文化部門第1位の南紀勝浦温泉

1日1票の投票で応援を

官民一体となり観光促進活動を応援する「旅して日本プロジェクト」。この活動の一つである「温泉総選挙2020」の投票が10月1日からスタートする。投票は2021年1月20日まで。

期間中、エントリーされた温泉地の中からお気に入りの温泉地を選んでウェブ上で投票する。1日1票の投票ができ、同じ温泉地へ投票しても別の温泉地へ投票しても可。投票数により、「歴史・文化」「女子旅」「絶景」など9部門別に順位が決まる。

前回の投票数は19万9766票。歴史・文化部門では南紀勝浦温泉(和歌山)、女子旅部門では四万温泉(群馬)が第1位に輝いた。

温泉地に投票すると温泉スタンプを一つ獲得でき、集めた数により抽選で各種賞品が当たる。

公式サイトでは、各温泉地の魅力やイベント情報のほか、新型コロナウイルス対策情報も掲載している。

前回、女子旅部門第1位の四万温泉
前回、女子旅部門第1位の四万温泉

<公式サイト>

温泉総選挙2020事務局

(出典「旅行読売」2020年11月号)

(ウェブ掲載2020年9月29日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。