たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

鉄道博物館でSL写真展

場所
> さいたま市
鉄道博物館でSL写真展

夕張線(撮影/南 正時)

懐かしの蒸気機関車の風景が今に

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館で、2021年1月11日まで「鉄道写真家・南 正時作品展~蒸気機関車のある風景~」を開催中。

同展は、鉄道写真家として半世紀にわたる南氏の活動の中から、蒸気機関車の写真を中心に約70点を展示。小海線、夕張線、陸羽東線など、蒸気機関車が姿を消していった1970年代に撮影した貴重な写真ばかりだ。日本の原風景に溶け込む蒸気機関車の姿が郷愁を誘う。

小海線(撮影/南 正時)
小海線(撮影/南 正時)

<公式サイト>

鉄道博物館

(出典「旅行読売」2020年12月号)

(ウェブ掲載2020年11月22日)


Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。