たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ローカル線とバスで巡る まえばしの発酵【群馬県前橋市】

場所
> 前橋市
ローカル線とバスで巡る まえばしの発酵【群馬県前橋市】

赤城山の自然の恵みを生かした発酵食品が多彩な前橋市。上毛電鉄に揺られ、知られざるスポットを訪ねる。


<モデルコース>
中央前橋駅→(上毛電鉄26分)→粕川駅→(徒歩10分)→粕川なっとう→(徒歩10分)→粕川駅→(ふるさとバス20分)→チーズ工房スリーブラウン→(ふるさとバス10分)→ヒュッテハヤシ→(ふるさとバス15分)→大胡駅→(上毛電鉄17分)→中央前橋駅


上毛電鉄
京王井の頭線を転用した車両で、先頭部は8色に色分けされている上毛電鉄

起点となる上毛電鉄中央前橋駅へは両毛線前橋駅から徒歩15分。上毛電鉄は前橋市と桐生市を結ぶローカル線だ。中央前橋駅のホーム横を流れる広瀬川は「疎水百選」に選定されており、灌漑用水として農業に生かされている。

赤城山
南から見ると、峰が連なる穏やかな山容の赤城山

中央前橋駅から7分の上泉駅を過ぎると、車窓左に赤城山が見えてくる。粕川駅で下車し、南に10分歩くと粕川なっとうがある。納豆工場に直売所が併設されている。納豆は全て手作りしていて、低圧で長時間深蒸しし、もっちりした食感が特長だ。

ここから先はふるさとバス(下記参照)に乗って赤城山の麓に向かう。チーズ工房スリーブラウンはブラウンスイス牛5頭を飼い、原料の生産から加工まで行っている。ヒュッテハヤシは最新技術で3種を交配した「福豚」を飼育し、乳酸発酵させ長期熟成したハムやソーセージを作る。

3軒とも赤城山の水の恵みなどの風土を生かした発酵食品を作っているという共通点がある。現地に行くのが一番だが、取り寄せも可能なので味わうことで「まえばしの発酵」の力を感じてみたい。


ふるさとバス 

事前に電話やスマホアプリで予約しておけば、希望するバス停で乗下車できるデマンドバス。

8時~19時/一乗車210円/TEL:027-283-3122


粕川なっとう 

9時~18時/不定休

前橋市粕川町西田面126-6/TEL:027-212-6300

赤城山南麓で自家栽培した大豆を使い、甘みやコクのある納豆を作っている。赤松経木に包んだ薫り高い納豆もある。

 

チーズ工房スリーブラウン 

10時~16時/水、日曜、月末の土曜のみ営業

前橋市粕川町中之沢384-96/TEL:027-285-6862

酪農のかたわら、フレッシュなミルク感のモッツァレラ、濃厚なジルなどのチーズを販売している。

 

ヒュッテハヤシ 

10時~15時(土・日曜、祝日は~16時)/無休

前橋市三夜沢町534/TEL:027-283-2983

ブランド豚「福豚」を熟成した生ハムやサラミ、ソーセージなどを味わえる農場直営レストランやハム工房がある。


<問い合わせ>

前橋観光コンベンション協会 TEL:027-235-2211

Writer

旅行読売出版社 メディアプロモーション部 さん

Related stories

関連記事

Related tours

関連ツアー