たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

港区・白金――黄色に染まる並木道 美しい庭園も点在

場所
> 港区白金
港区・白金――黄色に染まる並木道 美しい庭園も点在

建物そのものが芸術作品のような東京都庭園美術館。国の重要文化財に指定されている


美しい芝庭の向こうに、白い洋館がそびえている。東京都庭園美術館である。この建物は1933年に建てられた旧朝香宮邸を改修、保存したもの。フランスに暮らした朝香宮ご夫妻がアール・デコの様式美に魅せられ、フランス人の芸術家に主要な部屋の設計を依頼。日仏のスタッフが総力をあげ、芸術作品ともいえる建造物を造り上げたのである。

「当館では毎年さまざまな展覧会を開催しています。その中で、年に1度は建物公開展と称し、旧朝香宮邸の建築としての魅力を紹介しています」と学芸員の吉田奈緒子さん。

芝庭の先には茶室のある日本庭園や広大な西洋庭園が広がっている。ベンチに座ってぼんやりすると、まるで別世界に迷い込んだような優雅な気分になる。庭園入場料200円を支払えば、庭園だけの見学も可能だ。

プラチナ通りの紅葉

目黒通りを5分ほど歩き、白金台の交差点を左に曲がるとプラチナ通り。外苑西通りの白金6丁目までを、1990年代頃からかこう呼ぶようになった。90年代後半、女性誌が高級住宅地白金に住む、セレブでおしゃれな女性たちを「シロガネーゼ」と名付け、犬を連れて街を歩く姿をグラビアに掲載した。彼女たちが闊歩していたのが、このプラチナ通りである。バブル期からおしゃれなブティックや飲食店などが点在し始め、夜には高級外車が並ぶような時期もあったという。なんだか無理やり洗練されたようで、とっつきにくいイメージもあった。  

白金台町二丁目町会、会長の中島章雄さんは、「あれは雑誌の世界のことで、シロガネーゼなんて、ここらにはいませんよ」と笑う。「この辺りは美術館や庭園や学校が多いし、通りを離れれば屋敷もあって広い場所が多い。人口密度も低い。だから、雰囲気がいいんです。ドラマのロケなどもよくやっていますよ」

プラチナ通りの歩道は広く、歩く人も少ない。秋が深まれば、イチョウ並木が黄色に染まり、気持ちよくさんぽできる。

たまにはおしゃれな店でゆったりランチを楽しむ

プラチナ通りの飲食店は決して安くはない。けれど、ランチなら高級店の味も夢ではない。白金亭のディナーコースは1万2000円以上と手が届かないが、飲茶ランチコースは4000円弱。勇気を出して予約した。

店内はゆったりとしたスペースで、大きな窓からイチョウ並木が見える。料理は「ヌーベルシノワ」という新感覚の中国料理。フランス料理のコースのように、一皿一皿運ばれる。

あっさりとして、素材の味を活かした飲茶料理はどれも唸るほどおいしい。おまけに高級感のある雰囲気。料理と窓辺の風景で、心まで満腹になった。

白金亭の飲茶ランチコース(2人前~)

プラチナ通りからそのまま外苑西通りを進むと、右側に商店街が延びている。古い建物が残っていて、庶民的な感じが心地いい。

創業100年を超える老舗、星野屋商店には日本酒が60種ほどあり、試飲もできる。この店でしか買えない純米吟醸酒が「白金三光町」。地域の旧町名を懐かしんで名付けたオリジナルの酒で東京・福生の蔵元で醸造している。

急な三光坂を上っていくと、左に塀が続き、塀の中には木々が生い茂っている。上りきった所に表札のない御屋敷。聞けば、今は売却された服部セイコー創業者の服部金太郎氏が建てた邸宅だった。

邸宅の横の坂を下り、目黒通りを渡ると、八芳園。結婚式場として有名だが、元は旗本の大久保彦左衛門の屋敷と庭園で、明治以降は実業家らが所有した。四方八方どこから見ても美しいことからその名が付いたという。日本庭園には滝や池、茶室などもあり、紅葉は見事だ。


文/高崎真規子 写真/三川ゆき江

白金グルメ

白金亭(新中国料理)
ランチは飲茶ランチコース、白金ランチコースなど3種のコース料理のほか、麺などの単品メニューも。※内容は多少変更しています。
TEL:03-3280-1237
11時30分~14時(土・日曜、祝日は~14時30分)、17時30分~21時/月曜休(祝日の場合は火曜休)/港区白金台4-19-13-2階、3階

café TEIEN(カフェ)
庭園美術館の新館にある。ガラス張りの店内からは庭が見渡せる。
TEL:03-6721-6067
10時~17時30分/第2・4水曜、展覧会準備期間休/港区白金台5-21-9 ※当日有効の展覧会チケットが必要

Burger Mania(ハンバーガー)
素材にこだわり、焼き立てを提供。サンドイッチもある。
TEL:03-3442-2200
11時~23時(日曜は~22時)/第3月曜休/港区白金6-5-7

テネメント(カフェ)
古民家を改装した店内は、心安らぐ空間。テネメントの8種のチーズケーキはテイクアウトもできる。 TEL:03-3440-6771
11時30分~22時(ランチは~15時)/火曜休/渋谷区恵比寿2-39-4

白金亭「海老ワンタン麺」(1936円)
café TEIEN 「季節のフルーツを乗せたチーズケーキ」(715円)などスイーツも人気。
Burger Mania 限定メニューの「クアトロチーズバーガー」(1419円※写真の飲み物は別料金)。
テネメント 「玉葱と挽肉のドライカリー目玉焼きのせ」(950円)。

問い合わせ

●港区観光協会 TEL:03-6452-8666

●東京都庭園美術館 10時~17時30分/第2・4水曜休(祝日の場合は翌日休)、年末年始休/入館料は展覧会によって異なる/ハローダイヤル:03-5777-8600

●星野屋商店 10時~21時/日曜休/TEL:03-3446-1945

●八芳園 庭園への入園は10時~22時(日によって変更あり)/年末年始休/TEL:03-3443-3111


■徒歩約54分(約3.7㌔)
目黒駅(山手線、地下鉄南北線・三田線、東急目黒線)【スタート】
 ↓ 8分(550㍍)
東京都庭園美術館
 ↓ 8分(550㍍)
白金亭
 ↓ 12分(800㍍)
テネメント
 ↓ 10分(700㍍)
三光坂下
 ↓ 16分(1,1㌔)
八芳園
 ↓ すぐ
白金台駅(地下鉄南北線・三田線)【ゴール】

Writer

たびよみ編集部 さん

Related stories

関連記事

Related tours

関連ツアー