たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

名古屋市などで国際芸術祭「あいち2022」開催中

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 愛知県
> 名古屋市、一宮市、常滑市
名古屋市などで国際芸術祭「あいち2022」開催中

国際芸術祭「あいち2022」のテーマは、「STILL ALIVE(スティル アライブ)今、を生き抜くアートのちから」。
ミット・ジャイイン《People’s Wall》2019
Photo: Jim Thompson Foundation
Courtesy of the artist and Jim Thompson Foundation

 

100組のアーティストが参加

国際芸術祭「あいち2022」が7月30日に開幕し、愛知芸術文化センター(名古屋市東区)ほか、一宮(いちのみや)市、常滑(とこなめ)市、名古屋市有松(ありまつ)地区を会場に、10月10日まで開催される。

「あいちトリエンナーレ」の後継として、森美術館館長の片岡真実(まみ)氏を芸術監督に迎えて開催。世界32の国と地域から100組のアーティストが参加し、現代美術やパフォーミングアーツなど、ジャンルを横断した最先端の芸術を発信する。

ニャカロ・マレケ 《Enclosed》2020 Photo:Andrew Wessels Courtesy of the artist
シアスター・ゲイツ 展示風景:「A Clay Sermon」ホワイト・チャペルギャラリー(2021-2022、ロンドン、英国) © Theaster Gates Photo:Theo Christelis Image courtesy of Whitechapel Gallery

今回のテーマは「STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」。

これは愛知県出身のアーティスト・河原温(かわらおん)が電報で自身の生存を発信し続けた《I Am Still Alive》シリーズに着想を得たもので、明日を生きるためのポジティブなエネルギーにつながる、心躍る出会いや体験の場を提供する。

鑑賞券(一般)はフリーパス3000円、1DAYパス1800円。

問い合わせ 「あいち2022」芸術祭組織委員会事務局 TEL:052-971-3111

(出典:「旅行読売」2022年8月号)

(WEB掲載:2022年7月●日) 


Writer

天野久樹 さん

1961年、秋田市生まれ。過去に全国紙の運動部記者として、大相撲やモータースポーツ、アマチュア野球などを取材。現在は月刊「旅行読売」で、特集面の取材や全国観光ニュース情報などを担当している。イタリアの国立大学(ペルージャ外国人大学イタリア語・イタリア文化プロモーション学科)を卒業したキャリアを活かし、イタリア語の翻訳も行っており、訳書に「アイルトン・セナ 確信犯」(三栄書房)がある。

Related stories

関連記事

Related tours

この記事を見た人はこんなツアーを見ています