たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

被災地復興 宮城県女川町を歩く(1)

場所
> 女川町
被災地復興 宮城県女川町を歩く(1)

街並み一新 重点「道の駅」に

石巻線の終点・女川駅の駅前広場に出ると、メインストリート「レンガみち」を中心にした新しい街並みが目に飛び込んできた。レンガを敷き詰めた歩行者専用道路のレンガみちは、海に向かってゆるやかな下り坂になっている。長さ200㍍ほどの赤っぽい道の先には海が見え、潮の香が鼻を突いた。

かわいらしいデザインの駅舎といい、レンガみちの両側に並ぶ建物群といい、人工的な新しさを感じてしまうのは、この「まち」がまだ若いからだ。東日本大震災の際、女川町では800人以上が津波で犠牲になり、町の中心部はほぼ壊滅。かさ上げをして街は作り直され、2015年にようやく「まちびらき」が祝われた。

女川駅

人気の女川丼 段ボールでランボルギーニ?

レンガみちの両側は計35店舗(214日現在)が入居する商業施設「シーパルピア女川」。中でも「ハマテラス」と名付けられた観光物産エリアでは鮮魚店が提供する「女川丼」が大人気で、私も早速注文して至福の時間を過ごした。ここでは、土・日曜に浜焼きや干物の大がかりな販売を行っており、大勢の観光客が押し寄せる。

施設の一角には段ボールで作ったスポーツカー「ダンボルギーニ」が展示されていて、その精巧さに驚かされた。

女川丼

震災時の苦難しのばれる震災遺構

いわば「まち」全体が観光施設という印象。とはいっても、「女川町まちなか交流館」に行けば、パネルと映像で復興の歩みを知ることができるし、海辺に足を運び震災遺構の「旧女川交番」を見ると、震災時の女川の苦難がしのばれる。

女川町観光協会によれば、今年7月には、震災以来中止だった「みなと祭り」が10年ぶりに復活するそうだ。この「まち」のエリアが国土交通省から重点「道の駅」(<仮称>道の駅おながわ)に選定されたといううれしいニュースも入ってきた。

「女川は復興のフロントランナー」。帰りがけに寄った駅舎内の温泉施設「女川温泉 ゆぽっぽ」で湯につかりながらそんな言葉を思い出した。

 

(施設データ)

シーパルピア女川 830分~24時(店舗により異なる)/無休(店舗ごとに定休日あり)/☎0225248118(総合案内・女川みらい創造)

女川温泉 ゆぽっぽ 9時~2030分)/第3水曜休/500円/☎0225502683

女川町まちなか交流館 9時~21時/第24火曜休、年末年始休/☎0225246677

女川町観光協会 0225544328

ダンボルギーニ

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。