たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

被災地復興 宮城県女川町を歩く(2)

場所
> 女川町
被災地復興 宮城県女川町を歩く(2)

トレ―ラーハウスホテルで町のにぎわい目指す

東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた宮城県女川町。その中心部にあるホテル「エルファロ」で女将を務めているのが、佐々木里子さんだ。

エルファロは、建物を使わず、カラフルなトレーラーハウスが客室という新しいタイプの宿泊施設。もともと地元で旅館を営んでいた4業者が事業を再興するために共同で立ち上げた。

トレーラーハウスが並ぶエルファロ

「機会あるごとに目を向けて」

震災で800人以上の死者・行方不明者が出たエリア。自身も旅館を営む両親を津波で失った。自宅兼旅館が津波に飲み込まれる様子を間近に見ただけに、「震災から日が経ち、メディアの目も段々とオリンピックの方にシフトしてきている。今後とも、機会あるごとに被災地にも目を向けてもらえれば」と語る口調は切実だ。

ホテルは震災翌年の201212月、町内の別の場所でスタート。トレーラーハウスを活用することになったのは、「当時の女川はこれから土地をかさ上げし、まちを作り直すという段階。開業しても移動することが前提だったことも理由の一つ」という。

「町民の魅力が、女川最大の特産品。それを感じに来てくださる方々で、にぎわう街になってほしい」。そう語り、佐々木さんが笑顔を見せた。

宮城県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/tohoku/miyagi/

Writer

松本浩行 さん

東京都墨田区出身。月刊「旅行読売」編集部勤務から3年間の青森県勤務(読売新聞弘前支局)を経て、2019年11月、月刊「旅行読売」編集部に戻る。これまでに群馬県、石川県、宮城県などでも勤務した経験をもつが、今では「歌手ならりんご娘(ご当地アイドル)、山なら岩木山、果物ならリンゴ」と語る青森推しの編集長。