たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

喫茶マロン

場所
> 青森市
喫茶マロン

たくさんの古時計が掛けられた店内

北国のノスタルジック喫茶

東北新幹線の待ち時間、小雨降る青森市街を歩いて、県庁通りにある喫茶マロンの階段を上がった。2階店内には、古時計がいくつも掛かり、色あせたペコちゃん人形が並んでいる。古いコーヒーミル、ランタン、荷車の車輪なども置かれ、喫茶店というより“コーヒー香る古道具屋”といった不思議な趣がある。

「朝早く開くのはビジネスマンに利用してほしいから。県庁の常連さんも多いです」と店長の松井孝導さん。1970年に店を始めた父に頼まれ、東京からUターンしたという松井さんが跡を継ぎ、今はほぼ毎日、妻とともに店に立つ。

マロン店内
古いペコちゃん人形が並んでいた
マロンカレー
ランチセットのジャマイカンカレーはスティックサラダとドリンク付き

「喫茶店のマッチが好きで、昔は集めて回ったものですが、作る店が減りましたね。市内の喫茶店自体、最盛期の5分の1くらい」と松井さん。骨董品集めの理由は「好きなものに囲まれていると落ち着くから」と照れたように言う。ちなみにマロンでももうマッチは作っていない。

ひき肉入りの名物ジャマイカンカレーは、タマネギの甘みが優しい味わい。ゆで卵と福神漬が添えられ意外に和風だ。食後、自家焙煎コーヒーを飲むと体が温まり、長居の誘惑にかられたが、電車の時刻を思い出し、後ろ髪をひかれながら店を出た。地元の人に愛されるこんな店にこそ、旅する者として、長く残ってほしいと思う。

文・写真/福崎圭介


喫茶マロン

住所:青森県青森市安方2-6-7

交通:奥羽線・津軽線・青い森鉄道青森駅から徒歩12分

喫煙:不可

TEL017-722-4575

(出典 「旅行読売」2014年11月号)

(ウェブ掲載 2020年3月6日)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で個性的な喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の源泉かけ流しの温泉宿か、駅前のビジネスホテルが好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。