たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

book cafe火星の庭

場所
> 仙台市
book cafe火星の庭

天井まで届く本棚に古本がぎっしり。本好きな常連客も多い


あまりにユニークな店名のため、客から「由来は?」と聞かれることが多い。そんな時、店主の前野久美子さんは「これを読んで」と、一編の童話が印刷された紙を渡す。そこでは、「たくさんの本とお茶が楽しめる宇宙船『ニワ』が火星に着陸」している。実はこの童話、2000年4 月に開店してしばらくして前野さんが「創作」した。「本当は、何となく思いついた」店名について説明する煩雑さから逃れる道具だ。そもそもこの店は古本屋を兼ねたブックカフェである。店主と客は、文学について語り合うことが多い。だから、「この童話に書いてある」と言って逃げても怪しまれない。

 


欧州のブックカフェがモデル

1990年秋、調理師として働いていたドイツでブックカフェに出会い、いりびたった。欧州各地でもブックカフェを回った経験が、自分の店を開く時に役立った。

 


どことなくヨーロッパ風の雰囲気が漂う外観
どことなくヨーロッパ風の雰囲気が漂う外観

深煎りの豆を使ったコーヒー「スペースブレンド」は、深いコクがある。2杯目には、中くらいに煎った豆の「ガーデンブレンド」で、マイルドな味わい。フランス製チョコレートを使った濃厚な味わいのガトーショコラを口に運ぶと、次に飲むコーヒーの風味が際立つ。

スペースブレンド(450円)とガトーショコラ(450円)。セットなら850円
スペースブレンド(450円)とガトーショコラ(450円)。セットなら850円

香り高い「コーヒーの宇宙」の後には、文学、美術、郷土史などの「本の宇宙」に遊ぶこともできる。不思議で楽しみの尽きない「庭」だ。


book cafe火星の庭

仙台市青葉区本町1-14-30-1F

TEL0227165335

営業:11時~19時/火・水曜休

交通:地下鉄南北線勾当台(こうとうだい)公園駅から徒歩8分

(出典:月刊「旅行読売」2017年8月号)


Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。