たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(1)

場所
> 豊島区
トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(1)

豊島区が「再現」するトキワ荘の完成後イメージ図


西武池袋線東長崎駅の改札を出たら、「レオ&ライヤ」のモニュメントがあった。手塚治虫原作のアニメ「ジャングル大帝」の主人公レオの子ども時代の像で、ガールフレンドと一緒の構図。毎週テレビにかじりついて見ていたことを懐かしく思い出した。

これから向かうのは、東京都豊島区南長崎3丁目。1953年(昭和28年)から 61年にかけて、手塚ら著名なマンガ家たちが青春期を過ごした木造アパート「トキワ荘」があった地だ。

ところが、駅を出てびっくり。駅前の交番の建物が、かつての「トキワ荘」そっくりなのだ。


西武池袋線東長崎駅前にある「トキワ荘」そっくりの交番
西武池袋線東長崎駅前にある「トキワ荘」そっくりの交番

だが、これぐらいで驚いていてはいけない。このエリアでは「トキワ荘」をそっくり再現するプロジェクトが進行中なのである。

いったいどこに「トキワ荘」が再現されるのか。

5分ほど歩くと、「トキワ荘通り」の西半分「南長崎ニコニコ商店街」に突き当たった。南東に歩くと、南長崎花咲公園。ここには、豊島区が2020年3月、「トキワ荘」を「再現」し、「トキワ荘マンガミュージアム」をオープンする予定となっている。

1階には、トキワ荘やマンガ関連の書籍が置かれ、企画展示室を設ける。2階にはトキワ荘ゆかりのマンガ家たちの部屋を復元する。


南長崎花咲公園にトキワ荘を「再現」

南長崎花咲公園にある記念碑「トキワ荘のヒーローたち」
南長崎花咲公園にある記念碑「トキワ荘のヒーローたち」

南長崎花咲公園には、記念碑「トキワ荘のヒーローたち」があり、手塚らの似顔絵入りの銅板がはめ込まれている。赤塚不二夫、石ノ森章太郎、藤子・F・不二雄、藤子不二雄(A)、少女漫画家の水野英子、そして、東京工芸大学杉並アニメーションミュージアムの鈴木伸一館長らの名前があった。

(出典:「旅行読売」20192月号臨時増刊)


トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(2)へ


Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。