たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(2)

場所
> 豊島区
トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(2)

トキワ荘通りで今も営業している「中華料理 松葉」


豊島区の南長崎花咲公園の記念碑「トキワ荘のヒーローたち」に名前のある藤子・F・不二雄さん(1996年死去)、藤子不二雄(A)さん、東京工芸大学杉並アニメーションミュージアムの鈴木伸一館長。かつてトキワ荘に住んだ彼らの友情の果実として、マンガ・アニメ界の異色のキャラクターが誕生した。

1964年(昭和39年)に少年マンガ誌に連載が始まった、「オバケのQ太郎」は、藤子不二雄(A)さんが、藤子・F・不二雄さんと「藤子不二雄」名義で合作した最後の作品だ。翌年始まったアニメ放送は初回の視聴率が30%を超えた。「オバQ」で異彩を放った登場人物が、ラーメンが好物の「小池さん」。


「オバケのQ太郎」に登場する「小池さん」のモデル、鈴木伸一さん描き下ろしの絵のモニュメント〔(c)鈴木伸一〕。2016年12月、鈴木さん(右)らが除幕した
「オバケのQ太郎」に登場する「小池さん」のモデル、鈴木伸一さん描き下ろしの絵のモニュメント〔(c)鈴木伸一〕。2016年12月、鈴木さん(右)らが除幕した

そのモデルは、1955年(昭和30年)から翌年にかけてトキワ荘に住んでいた鈴木伸一さんだった。西武池袋線の線路の方角に5分ほど歩いたところの南長崎公園に、鈴木さんが描き下ろした「ラーメン屋台イラスト」のモニュメントがあった。メガネをかけた「小池さん」がおいしそうなラーメンを食べている。


トキワ荘通りに、マンガ家たちが愛した「中華料理 松葉」のラーメンは健在

「中華料理 松葉」店内に飾られた木造時代の店舗写真と昔ながらのラーメン
「中華料理 松葉」店内に飾られた木造時代の店舗写真と昔ながらのラーメン

藤子不二雄(A)さんの自伝的長編マンガ「まんが道」には、トキワ荘へ「中華料理 松葉」から出前のラーメンが届く場面がしばしばでてくる。「松葉」は、建て替わったが、当時と同じ場所で営業しており、メニューには昔ながらのラーメンがある。

(出典:「旅行読売」20192月号臨時増刊)


トキワ荘通りから雑司が谷へ。マンガ家たちの青春の地を歩く(3) へ


Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。