たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

船で瀬戸内海の絶景めぐり(1)

場所
> 尾道市 
船で瀬戸内海の絶景めぐり(1)

島の数だけ絶景が待っている

瀬戸内海には、外周が100㍍以上の島だけでも727ある。最近は瀬戸内国際芸術祭で直島(なおしま)や豊島(てしま)などが知名度を上げ、ウサギ島として大久野島も人気だ。本州と四国を結ぶ橋も3ルートあり、多島海の景観にアクセントを添えている。そんな絶景を船上から眺めたくなった。

選んだ航路は、瀬戸内しまなみ海道沿いに点在する芸予諸島。村上海賊をストーリーに日本遺産に認定されたエリアだ。三原港(広島県)から因島(いんのしま)、大島に立ち寄って、今治港(愛媛県)へ向かう。高速船が運航していて、一日で気軽に巡れるのも魅力だ。


橋の裏側を眺める非日常の旬感

三原港を出航した土生(はぶ)商船の高速船は、後部に屋外デッキがあって気持ちがいい。佐木島の鷺港まで所要13分、因島北部にある重井港までさらに6分と、島と島は思っていた以上に近い。

地図を広げ、あれが宿弥(すくね)島か、これが岩子(いわし)島かと照らし合わせる。宿弥島は椀を伏せたようで、ここで新藤兼人監督の映画「裸の島」が撮影されたが、ともすれば見逃してしまいそうな小島だ。

重井港を出ると、因島と生口(いくち)島を結ぶ生口橋が迫る。橋長790㍍、1991年の完成当時は世界最長の斜張橋として注目された。その下を高速船が通る。あっという間だが、橋の裏側を見られ、わずかばかり感動を覚えた。


生口橋をくぐる船首からの眺め
生口橋をくぐる船首からの眺め

海に浮かぶような山並みの絶景

重井港から20分弱、因島南部にある土生港で船を下りた。文豪・井伏鱒二の短編「因ノ島」で、警察署長と老医師がこの桟橋でやり取りする場面を思い出した。

家々がひしめく坂を上がるにつれて、眼下に海が開ける。標高207㍍の天狗山一帯が因島公園で、20分ほど歩いた第二公園から無数の島々を見渡せた。折り重なるような島々は意外に急峻で、ひと続きの山並みのように映る。


因島公園第二公園からの景観。右奥に見えるのが生口橋
因島公園第二公園からの景観。右奥に見えるのが生口橋

名物“いんおこ”って何!?

因島といえば、うどん入りお好み焼き「いんおこ」が名物。日本遺産認定を機に、「因島村上海賊焼き」も誕生した。うどん入りお好み焼きで、タコを含めた2種以上の海産物を使い、村上海賊の幟(のぼり)をイメージした赤い旗を立てるのが決まり。店により味はさまざま。港に近い食事処「お好み焼うえだ」の暖簾(のれん)をくぐった。

「うちの具材はタコとイカ。味付けはソースかしょうゆ、どちらにします?」と、店員さんの応対は気さく。手際良い姿をカウンター席から見ていると、焼いた生地にうどんを載せてその後から野菜を盛っていた。

文/松田秀雄


「因島村上海賊焼き」
「因島村上海賊焼き」

<施設データ>
お好み焼うえだ ☎0845224407 



(出典 「旅行読売」2019年6月号)

(ウェブ掲載 2019年10月1日)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。