たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

置くと試験にパス!! 宮城県南三陸町の神社に「オクトパス君」縁起スポット

場所
> 南三陸町
置くと試験にパス!! 宮城県南三陸町の神社に「オクトパス君」縁起スポット

オクトパス君

タコが英語でOCTOPUSであることにちなむ

手作業で仕上げられる「オクトパス君」
手作業で仕上げられる「オクトパス君」

「置くと試験にパス」ということで、合格祈願の縁起物として人気なのが、宮城県南三陸町で2009年から生産されている「オクトパス君」の置物。タコが英語でOCTOPUSであることにちなむ。

地域住民の雇用創出にも役立つ

南三陸町の山間部にあるYES工房は、廃校になった中学校の建物を活用している
南三陸町の山間部にあるYES工房は、廃校になった中学校の建物を活用している
「オクトパス君」製作は、地域住民の雇用創出に役立っている
「オクトパス君」製作は、地域住民の雇用創出に役立っている

同町志津川湾は、「西の明石、東の志津川」と並び称されるほど有名なタコの産地。11年3月11日の東日本大震災後、町内の山間部にある入谷地区のYES工房で製作され、地元住民の雇用創出にも役立っている。

工房を拠点に、町民有志が地域振興のために結成した「南三陸復興ダコの会」が活動している。

入谷八幡神社に鎮座する巨大なオクトパス君のブロンズ像。オクトパス君の絵馬(絵ダコ)もズラリ
入谷八幡神社に鎮座する巨大なオクトパス君のブロンズ像。オクトパス君の絵馬(絵ダコ)もズラリ

工房近くの入谷八幡神社には巨大なオクトパス君が鎮座。また、オクトパス君の絵馬(絵ダコ)が多数掛かり、「最後の神頼みならぬ、タコ頼み」の合格祈願スポットとしての知名度も上昇している。

合格祈願の絵馬(絵ダコ)や「多幸(タコう)」を祈願する木製品
合格祈願の絵馬(絵ダコ)や「多幸(タコう)」を祈願する木製品

町民有志による南三陸復興ダコの会(電0226・46・5153)は、南三陸を明るく楽しく元気にすることを目的に活動している。復興イメージキャラクターの「オクトパス君」グッズの累計製作数は10万個以上。「まゆ細工」や「木製品(レーザークラフト)」の製作販売や体験教室(要予約)も行っている。詳細はウェブサイトhttp://ms-octopus.jp/で。

出典:「旅行読売」2019年4月号

Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。