たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

カヤバ珈琲

場所
> 台東区
カヤバ珈琲

新旧カヤバのインテリアが融合した店内。2階は座敷席

谷中の町が育て、受け継いだ一軒

谷中(やなか)霊園のそば、上野桜木交差点に、その店はある。2階建ての出桁(だしげた)造りの町家は存在感を放ち、谷根千(やねせん)散歩の目印と休憩にちょうどいい。扉を開けると、意外にもモダンな照明やテーブルが並び、店員もメニューもあか抜けている。

外観
交差点に立つ大正時代築の建物

大正時代1916年築の建物は壊される予定だった。昭和初期の1938年に榧場(かやば)伊之助さんが創業した「カヤバ珈琲店」は、その養女で店員の幸子さんが2006年に亡くなったのを機に閉店。建物解体の話が出て、町の人たちから店の再開を望む声があがった。NPO法人たいとう歴史都市研究会と、近隣のギャラリーSCAI THE BATHHOUSE(スカイ ザ バスハウス)が協力して建物を借り受け、2009年に復活した。いわば谷中の町が約80年にわたって育て、受け継いだ喫茶店なのだ。

メニュー
ルシアンとたまごサンド。ランチメニューやスイーツもある

革張りソファとレンガ造りのカウンターは旧カヤバのもの。塩コショウだけで味付けした玉子焼きを挟むたまごサンド、コーヒーとココアを注ぐルシアン……昔の名物メニューは、常連からレシピを聞いて再現した。三陽食品の寒天など、地元商店の食材を使うのもこだわり。

この店には音楽がない。「町の音を聞いてほしいので、昼はあえてかけていません」とスタッフ。朝の日差しが差し込む静かな店内で、「町の音」に耳を傾けながら、熱いコーヒーを飲んだ。

文・写真/福崎圭介


カヤバ珈琲

住所:東京都台東区谷中6-1-29

交通:山手線日暮里駅または地下鉄千代田線根津駅から徒歩10分

喫煙:不可

℡03-3823-3545

(出典 「旅行読売」2014年1月号)

(ウェブ掲載 2019年11月1日)


Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で個性的な喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の源泉かけ流しの温泉宿か、駅前のビジネスホテルが好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。