たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

明智光秀ゆかりの岐阜で戦国EXPOを開催

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 岐阜県
> 岐阜市
明智光秀ゆかりの岐阜で戦国EXPOを開催

プログラム8番「道三の国盗り完成の地 美濃国最大の山城・大桑城を登る!」


戦国案内人、30通りの体験

岐阜県岐阜市では、11月1日~12月1日に「美濃国 戦国ドラまちEXPO2019」を開催する。

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に先駆けて、主人公・明智光秀ら武将ゆかりの岐阜市内を舞台に、戦国時代を体感できる催しだ。〝歴史まちあるき〟がテーマで、30あるプログラムはすべて戦国案内人が案内する。岐阜の歴史町をドラマチックに案内しようと、研修や学習を積み重ねたエキスパートガイドだ。

プログラムは個性豊かで、「安土城へ続く岐阜城山麓・山上石垣ツアー」(11月16日)、「明智光秀ゆかりの地で開運めぐり」(11月3・23日)、「悲劇の城主織田秀信金華山城攻め登山」(11月30日)など。

参加はすべて事前申し込み制で、参加料は1000円~(プログラムにより料金も定員も異なる)。

問い合わせは、同事務局(NPO法人ORGAN)☎058・269・3858。

文/松田秀雄


プログラム25番「戦国時代に思いを馳せてオリジナル家紋入りミニ岐阜提灯」

(出典 「旅行読売」201912月号)

(ウェブ掲載 20191021日)


Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。