たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

ベテラン添乗員がアドバイス。ミステリーツアーを最大限に楽しむコツ(1)

場所
ベテラン添乗員がアドバイス。ミステリーツアーを最大限に楽しむコツ(1)

添乗経験が豊富な川嶋希誉子さん(右)と大島奈々さん

バス利用の日帰りミステリーツアー。お手軽な料金で、おみやげもどっさりあることも多い、これを最大限に楽しむためのコツは? 便利グッズは何か? 最近人気だという宿泊ミステリーツアーの魅力は? 読売旅行のベテラン添乗員川嶋希誉子さん、大島奈々さんに聞いてみた。


自分にぴったりなミステリーツアーはどうやって選びますか?

よーく、ポイントを見て下さい! 「タイアップ」や「オリジナル」という言葉をチェック!(川嶋さん)

(川嶋希誉子さん)チラシなどの資料に出てくる観光・食事・お土産についてのポイントで、ヒントになる言葉がないか、よーく見てください。また、それぞれの関係施設と打ち合わせをして、読売旅行オリジナルのメニューや特典が付く場合があります。よーく、ポイントを見てみてください。「タイアップ」や「オリジナル」という言葉があると、何か「特別感」があってピンとくることがありますよ。


一番大切なのは直感です!(大島さん)

(大島奈々さん)チラシにはその旅行の内容に沿った画像が使われています。今どこへ一番行きたいのか(例えば「いちご狩り」なのか「パワースポットめぐり」なのか……など)を絞り込むと、「自分に合ったミステリーツアー」が見つけやすいかもしれません。でも一番大切なのは直感です!


子どもから親へ、夫婦の間で、ツアーをプレゼントする例はありますか?

親御さんへのサプライズプレゼントはよくあります(大島さん)

(大島奈々さん)親御さんへのサプライズプレゼントが多いように感じます! 特に人気なのが、毎年5月に実施する「母の日ミステリーツアー」です! 参加者全員に花束付きなので、プレゼント旅行にはもってこいです! プレゼントされて参加されたお客様はミステリーのわくわく感もあり一層楽しそう(♪)。実は私も両親へバスツアーをプレゼントしたことがありますが、ミステリーツアーはプレゼントしたことがないので、こんどはプレゼントしたいと思います!


宿泊ミステリーツアーのプレゼントが人気(川嶋さん)

(川嶋希誉子さん)最近、宿泊ミステリーツアーのプレゼントが人気です。例年112223日は、「いい夫婦の日ミステリー」があります。ツアーコンセプトは「11月はいい夫婦月間!ふたり水入らず温泉旅」。ご主人から奥様へのプレゼントで申し込まれる方が多いです。

内容も、お2人様でゆったり過ごせる行程で、おおむねお宿滞在が18時間ほど、観光地巡りも、自由時間を長めに設定しております。

また4月の「桜咲く」、11月の「紅葉」をテーマにした「週末限定ミステリー」も人気です。働いているお子様が週末だったら旅行に行けるという点に着目した企画です。3040代の働いているお子様が、親孝行のプレゼントなどで、ご両親と一緒にお申込みをいただいています。

その他にも、シーズンイベント企画の「クリスマスミステリー」「母の日ミステリー」なども人気です。宿泊するミステリーツアーは、特に緊張感があり、わくわく度が高まります! 皆様、朝からどの高速道にのるかなどの予想大会で、車内は賑やかです。


ベテラン添乗員がアドバイス。ミステリーツアーを最大限に楽しむコツ(2)

ミステリーツアー関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/mystery/

Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。