たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

地中海の島国マルタへの旅(1)「宝石」のように美しい島々

場所
地中海の島国マルタへの旅(1)「宝石」のように美しい島々

ヴァレッタの城壁が黄金色に輝くImage by viewingmalta.com Malcolm Debono

イタリア・シチリア島の南、地中海の島国マルタは岩石だらけだ。その豊富な岩石で建設した首都バレッタの城壁、宮殿は独特の琥珀色。日が暮れるとともにオパールのように輝く。

マルタは「地中海の宝石」によくたとえられる。「宝石」であることを実感するには、まずコミノ島に行くのがよい。

空路でマルタ島に到着したら、まずホテルにチェックイン。マルタ島北部の港から船に乗り、約30分でコミノ島に着く。

コミノ島には、海水が、希少な宝石パライバトルマリンのように見える場所がある。そこでは船が「空を飛ぶ」。


地中海の島国マルタへの旅(2)へ

ヨーロッパ関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kaigai/europe/


宝石パライバトルマリンを思わせる空色の海

船はまるで空を飛んでいるようだImage by viewingmalta.com Gregory Iron
船はまるで空を飛んでいるようだImage by viewingmalta.com Gregory Iron

この島のブルーラグーンといわれる場所の海水は、透明度が高く、空のように見える。そこを通る船はまるで、空を飛んでいるように見える。緑がかった青色は例えていえば希少な宝石パライバトルマリンのようだ。緑やピンクなどさまざまな色味があるトルマリンだが、独特の美しい色合いのパライバトルマリンは、かつてブラジル・パライバ州で発見されたため、その名が付いた。

(出典:「旅行読売」20196月号、「たびよみ」転載に際し大幅に加筆しました)



Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。