たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

地中海の島国マルタへの旅(2)カラフルな漁船、名物タコ料理

場所
地中海の島国マルタへの旅(2)カラフルな漁船、名物タコ料理

「目」が描かれている漁船(マルサシュロックで)Image by viewingmalta.com

日程に余裕のある個人旅行ならば、マルタの旅では公共のバスが便利だ。時刻表通りに来ないこともあるが、とにかく本数が多い。現地で知り合った、かなり年上の友人からは、「目当ての行き先のバスが見えたら、停留所にただ立っているだけではなくて、思いきり手を挙げて『乗りまーす』とアピールしてください」とアドバイスされた。

個人旅行の移動には公共バスが便利だ
個人旅行の移動には公共バスが便利だ

友人からのアドバイスに従って、通りでバスを待つ。そして、バスが見えると「乗りまーす」と声を出しながら大きく手を振る。

首尾良くバスに乗って、マルタ島南部のマルサシュロックに行くと、カラフルな伝統的な漁船がたくさん浮かぶ湾があった。漁船を浜で手入れする人たちもいる。漁船に「目」が描かれているものもあり、まるで生き物のようだ。

野外マーケットでは魚やタコを売っている。

野外マーケットで売られる魚やタコImage by viewingmalta.com Clive Vella
野外マーケットで売られる魚やタコImage by viewingmalta.com Clive Vella

年上の友人から「自宅で夕食を」、と招待される。玄関では「ヨウコソ」と日本語でお迎え。出されたのはタコやトマトを煮込んだマルタの家庭料理。タコのうま味とオリーブ油、ニンニクの風味が口の中に広がる。

友人がいうには「日本人とマルタ人の共通点はいろいろあるが、タコ料理を愛するというのもその一つだ」そうだ。


地中海の島国マルタへの旅(3)へ

マルタの年上の友人宅でふるまわれたタコ料理
マルタの年上の友人宅でふるまわれたタコ料理

(出典:「旅行読売」20196月号、「たびよみ」転載に際し大幅に加筆しました。)

Writer

藤原善晴 さん

月刊「旅行読売」編集部に2019年12月まで勤務。現在読売新聞東京本社文化部。瀬戸内海が見晴らせる広島県安芸津町風早(現・東広島市)生まれ。レトロブームということもあり、最近は「昭和」という言葉に敏感に反応。また、故郷が「令和」の典拠となった万葉集ゆかりの地であるため、福岡県太宰府市、奈良県、富山県高岡市、鳥取県など各地の「万葉集」ゆかりのニュースにも目を光らせている。