たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

海風が心地良い展望デッキで、日本有数の絶景・雨晴海岸を望む道の駅

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 富山県
> 高岡市
海風が心地良い展望デッキで、日本有数の絶景・雨晴海岸を望む道の駅

道の駅 雨晴(あまはらし)

道の駅雨晴
白い船のような外観

「こんな風に雨晴の海を展望できる場所は、これまでなかった」と地元の人たちも喜んでいるのが、2018年4月にオープンした道の駅 雨晴だ。
雨晴海岸は、晴れていれば富山湾越しに3000㍍級の立山連峰が浮かんでいるように見える絶景スポット。その美しさは、万葉集の歌人・大伴家持や俳人・松尾芭蕉などにも愛され、古くから多くの人を魅了してきた。

「世界で最も美しい湾クラブ」
2階展望デッキにある「世界で最も美しい湾クラブ」の案内版

1階には観光案内所(9時から19時)があり、コンシェルジュが対応してくれる。3階と2階の一部は展望デッキになっていて、「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟している富山湾のパノラマを眺めることができる。

雨晴サンデー(左)と射水産サクラマスとブロッコリーのペペロンチーノ
雨晴サンデー(左)と射水産サクラマスとブロッコリーのペペロンチーノ

2階のカフェは全面ガラス張りで開放的な雰囲気。この絶景を見ながら、トロピカルムード満点の「雨晴サンデー」(500円)や射水産のサクラマスを使ったペペロンチーノ(1200円)などが味わえる。


隣のスーベニアショップでは、地元産の高岡銅器や錫(すず)製品、高岡漆器などデザイン性の高いグッズが並ぶ。「高岡の伝統工芸品を知ってもらう情報発信地のようになれたら」と駅長の稲垣美香さん。

「けあらし」
「けあらし」は冷え込みの厳しい朝に見られる自然現象で幻想的

また、歩いて5分ほどの場所には氷見線雨晴駅があり、鉄道ファンの撮影スポットとしても人気が高い。運が良ければ、氷見市出身の漫画家・藤子不二雄(A)氏の「忍者ハットリくん」をラッピングした電車を見ることができるかも。

文/伊藤健一 写真/宮川透ほか

電話/0766-53-5661
住所/富山県高岡市太田24-74
営業/【ショップ】9時~19時【カフェ】9時~19時(フードは平日~15時、休日~17時30分)/無休
駐車場/【普通車】55台【大型車】4台
交通/能越道高岡北ICから県道32号、国道415号経由16㌔

(出典 旅行読売臨時増刊「道の駅セレクト」)
(ウェブ掲載 2020年3月7日)

道の駅セレクト
旅行読売臨時増刊「道の駅セレクト」(定価1000円)好評発売中。全国1160道の駅・特大マップ付き

富山県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/hokuriku/toyama/

Writer

伊藤健一 さん

1972年12月生まれ。東京都文京区出身。学生時代に一般旅行業務取扱主任者(当時)の資格を取得して旅行会社を目指すも、なぜか出版社に就職。お酒が好きで、休みの日は朝から日本酒を飲んでいる。