たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

連郭式の名胡桃城を訪ねて

場所
> みなかみ町
連郭式の名胡桃城を訪ねて

周囲の山並みを見渡す名胡桃城

谷川連峰を眺める絶壁の城

最近は城を訪ねると、御城印を買うようになった。特に城好きではないが、登城記念になるし、集め始めると城や武将への興味も高まってきた。近頃は週末を利用して、ふらりと御城印を目的に城巡りを楽しんでいる。

今回は群馬県みなかみ町にある名胡桃(なぐるみ)城を訪ねた。練馬ICから関越道を車で走って約1時間30分、月夜野ICで下りて10分ほどで着いた。利根川と赤谷川が合流する丘陵。三方を絶壁に囲まれ、谷川連峰の展望が開ける。

名胡桃城址案内所で記念撮影も
名胡桃城址案内所で記念撮影も

サプライズ特典あり!

まずは名胡桃城址案内所で、城の歴史を紹介するビデオを見た。真田昌幸が上田城を造る約4年前の1579年に築城し、利根川を挟んで5㌔南にある沼田城攻略が狙いだったことを知る。2015年に復元保存の整備が行われた。

「整備前は森のようで、子どもたちの遊び場でした。“名胡桃城址之碑”と徳富蘇峰の筆で刻まれた石碑も、字の彫りが深く登りやすかったようです」と歴史ガイドの会の髙橋俊信さんが話してくれた。

門柱や虎口、木橋も復元された。かつての土塁と同じ高さに展望所も設け、三郭、二郭、本郭などが直線に並ぶ東西約200㍍の連郭式であった全容を見渡せる。

案内所で御城印を購入。続日本100名城スタンプも押した。スタンプを押すと、真田家の家紋の六文銭シールと名胡桃城の平面図を描いた袋を特典にもらえた。さて次回は、どの城を攻めようか。

文/松田秀雄

本郭跡。四角く整備された部分は建物跡だ
本郭跡。四角く整備された部分は建物跡だ
名胡桃城の御城印
名胡桃城の御城印

<データ>

名胡桃城

0278620793(名胡桃城址案内所)

http://www.enjoy-minakami.jp/place.php?itemid=519

(出典 「旅行読売」2020年4月号)

(ウェブ掲載 2020年3月23日)

 

日本の名城 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/castle/

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。