たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

最後の“トロバス”を残したい! ――立山黒部アルペンルート

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 長野県
> 大町市
最後の“トロバス”を残したい! ――立山黒部アルペンルート

通称“トロバス”の名前で親しまれてきた関電トンネルトロリーバス

保存活用クラウドファンディング

長野県大町市から富山県立山町まで、乗り物を乗り継ぎ、北アルプスの絶景を楽しみながら旅する人気ルート「立山黒部アルペンルート」。2020年は415日に全線開通する。

開通直後の415日~622日には「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」が開かれる。高さ20mを超えることもある雪の壁の中を歩くなど、多彩なイベントが行われる。

そんな立山黒部アルペンルートで運行していた「関電トンネルトロリーバス」の保存活用を目指し、長野県大町市ではクラウドファンディングをスタートした。

同バスは通称“トロバス”の名前で親しまれ、2018年まで立山黒部アルペンルートの扇沢駅から黒部ダムを結ぶトンネル内で走っていた。老朽化に伴って、現在は電気バスにバトンタッチしている。

“トロバス”最後の運行日の様子
“トロバス”最後の運行日の様子

目標180万円、返礼品も

最後に残った1台のトロバスを何とか残し、観光や教育面で活用していきたい思いから同プロジェクトを立ち上げた。自治体向けのクラウドファンディング「READYFOR ふるさと納税」で行われ、All or Nothing型。目標金額は180万円で、これに達成しなければ同プロジェクトは行わないこととなる。

公開期間は2020310日~430日(23時)で、支援金額は5000円、1万円、3万円、5万円の4コースある。それぞれ支援金額に応じた返礼品が贈られる。

文/松田秀雄

最後に残った1台“トロバス”
最後に残った1台“トロバス”

<問い合わせ>

長野県大町市産業観光部観光課

TEL0261-23-4081

https://readyfor.jp/projects/torobus-omachi

 (ウェブ掲載 2020年3月16日作成)

 

 

立山黒部アルペンルート 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/alpine/

 

富山県 関連ツアーはこちら

https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/hokuriku/toyama/

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。