たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

京都丹後鉄道に新型車両が登場

場所
京都丹後鉄道に新型車両が登場

新型車両「KTR302号」

伝説や歴史がコンセプト

福知山、宮津、天橋立、豊岡など、風光明媚な京都・丹後エリアを走る京都丹後鉄道。2020314日から新型車両「KTR302号」を、宮津と福知山を結ぶ宮福線にて運行を始めた。

新しい車両のボディカラーは「千歳緑(せんざいみどり)色」。沿線の歴史や伝説をコンセプトに、大江山の鬼伝説の青鬼のような力強さと、緑の優しさを含んで表現している。丹後の海のさざ波と山々に漂う朝霧の様子を表現した、3本のゴールドラインも印象的だ。

海を表現した青色シート
海を表現した青色シート

機能面も充実し快適

シックなインテリアで統一した車内は、天橋立の情景をモチーフに海を表現した青いシートと床、松林をイメージした茶色の壁や柱、砂浜の様子を伝える木目の天井。座席は転換クロスシートとロングシートの2タイプからなる。パソコンやスマートフォン端末などの充電が可能なUSBポートや、無料のネットワーク接続環境、車イスでも利用できる多機能トイレなど、乗客に優しい機能面も充実している。

新車両の運行開始を記念し、宮津駅構内でピンバッチを発売している。カプセルトイによる販売で、新車両「KTR302号」のほか、今後順次引退する「MF100形」「MF200形」の計3種類ある。

文/松田秀雄

ベビーカースペースも用意
ベビーカースペースも用意
多機能トイレも完備
多機能トイレも完備

<問い合わせ>

京都丹後鉄道

TEL0772-25-2323

https://trains.willer.co.jp/

 (ウェブ掲載 2020年3月14日作成)

Writer

松田秀雄 さん

全国を取材で巡ること約30年。得意なテーマは「温泉」で、北海道・稚内温泉から沖縄・西表島温泉まで500湯・2000軒以上は訪れている。特に泉質は硫黄泉が好きで、湯上りに体を拭かず自然乾燥させるのがモットー。帰宅後、体に付着した硫黄成分が湯船に染み出して白濁する様子を見るのが好き。最近は飲泉への興味が強く、「焼酎割に適した温泉は?」を掲げて最高の一杯を探し中。旅行読売出版社・編集部に所属。