たびよみ

旅の魅力を発信する
メディアサイト
menu

サロン・ド マルイチ

場所
  • 国内
  • > 北陸・中部・信越
  • > 岐阜県
> 岐阜市
サロン・ド マルイチ

ソファやカウンターなど内装はほぼ昔の喫茶店マルイチのまま

柳ヶ瀬のあの店でもう一度

「柳ヶ瀬(やながせ)の夜に泣いている」(柳ヶ瀬ブルース)と歌われた昭和の頃、県内一にぎやかだった繁華街も、令和のこの日、道ゆく人はまばらだった。赤いカーペットを敷いた劇場通りや、食堂、洋品店、映画館など年季の入った店が点々と続くアーケード街の風景は、初めて訪れたのにどこか懐かしい。

喫茶店マルイチは当地の歴史を体現する店の一つ。戦後すぐの開業から約70年、市民の憩いの場として愛され続けながら2014年に閉店したが、「柳ヶ瀬を楽しいまちにする株式会社」がその場所と名を引き継ぎ、2019年、サロン・ド マルイチとしてオープンした。

サロン・ド マルイチ 外観
柳ヶ瀬商店街に立つ。2階ギャラリーは不定期開催
サロン・ド マルイチ 店頭
店頭では自家製ケーキや食パンを販売

「調度や間取りはマルイチのままです。名物だったフルーツジュースは常連さんにレシピを聞いて復活させました」と店長の奥岡莞司(おくおかかんじ)さん。パティシエがいて、昔の看板商品をアレンジしたシュークリームのほか、自家製ケーキが並ぶ。スイーツを楽しみながらソファで談笑する地元の人たちの姿が印象的だ。

「前の店主の方や常連さんたちが顔を出してくれるのがうれしい」と話す奥岡さんの経歴も面白い。京大工学部を卒業後、沖縄・石垣島のホテルで働いていて今の会社の代表に出会い、誘われて岐阜に移住してきたという。

若い人が入ってくる古い町は魅力的だ。新旧が織り合わされ、時代に合う新しい魅力を生んで、また別の人を呼ぶ。

文・写真/福崎圭介

サロン・ド マルイチ シュークリーム
シュークリームとブレンドコーヒー

サロン・ド マルイチ

住所:岐阜市日ノ出町2-5-6

交通:東海道線岐阜駅から徒歩20分

TEL058-213-5655

(出典 「旅行読売」2020年3月号)

(ウェブ掲載 2020年9月2日)

Writer

福崎圭介 さん

新潟県生まれ。広告制作や書籍編集などを経て月刊「旅行読売」編集部へ。編集部では、連載「旅する喫茶店」「駅舎のある風景」などを担当。旅先で喫茶店をチェックする習性があり、泊まりは湯治場風情の残る源泉かけ流しの温泉宿が好み。最近はリノベーションや地域再生に興味がある。趣味は映画・海外ドラマ鑑賞。